医療機器

内視鏡外科手術で用いる4Kや3D、IR観察などの機能を1つのプラットフォームで対応 外科手術用内視鏡システム「VISERA ELITE Ⅲ」を発売

オリンパス株式会社(取締役 代表執行役 社長兼CEO:竹内 康雄、以下オリンパス)は、外科手術用内視鏡システム「VISERA ELITE Ⅲ(ビセラ・エリート・スリー)」を、欧州、中東、アフリカ、アジア一部地域、オセアニアおよび日本で、2022年9月以降順次発売します。

本製品は、オリンパスとソニー株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:槙 公雄、以下ソニー)との医療事業に関する合弁会社であるソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社(代表取締役社長:田中裕司、以下ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ)が技術開発を担当しました。本製品は、がんなどの病変部摘出を目的に、腹部や胸部などに開けた数カ所の穴から外科手術用内視鏡と専用器具を挿入して行う手術(内視鏡外科手術)に使用します。従来機種である「VISERA ELITE Ⅱ」と「VISERA 4K UHD」の機能を1つのプラットフォームで対応でき、医療現場のニーズに合わせて機能を選択拡充できるシステムです。

発売の背景
内視鏡外科手術は、患者の身体への負担が少なく回復が早いなどのメリットから、日本では1990年代から急激に増加してきました。現在消化器外科をはじめ、胸部外科、泌尿器科、婦人科など、幅広い医療現場で行われています。オリンパスは手技に応じたさまざまな観察性能のニーズに応えるべく、4K や3D、IR観察などの付加価値の高い機能を提供してきました。今回、ソニーの有する最先端のデジタルイメージング技術と、オリンパスがもつ光学技術や医療機器開発のノウハウなどの知見を活かし、ソニー・オリンパスメディカルソリューションズが製品の基本技術開発を行うことで、3社協業による第 3 弾の製品として発売します。本製品は、4K、3D、IR観察などの機能を1つのプラットフォームで対応可能とし、医療現場のニーズに合わせて、選択拡充が可能です。これにより、医療現場の効率化と内視鏡外科手術の質の向上に貢献するとしています。

関連記事

  1. 「スマート脳ドック」の仕組みを活用した、世界初のMRIシェアリングエコ…

  2. ナユタが医療機器用リチウム蓄電装置「ME3000」をリリース

  3. 世界の医療用センサー市場は、2027年までに23億2000万ドルに達す…

  4. リードテックジャパン、台湾製のパルスオキシメータ「8D01B」を5月中…

  5. 日本メドトロニック、新しい脳深部刺激システム「Percept PC」が…

  6. 新東工業、排泄ケアの負担を軽減する「Aiserv排泄検知システム」を販…

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP