医療機器

植物由来の医療トレーニング用模擬臓器・VTTの応用技術に関する研究、論文公開のお知らせ【KOTOBUKI Medical株式会社】

2022年7月8日、KOTOBUKI Medical株式会社(本社:埼玉県八潮市、代表取締役:高山成一郎)の医療トレーニング用模擬臓器、VTT(読み:ブイティーティー、正式名称:Versatile Training Tissue)の応用技術に関する研究が、国際学会誌「Laryngoscope Investigative Otolaryngology」に掲載されました。

概要
名古屋大学大学院医学系研究科・耳鼻咽喉科学の西尾直樹 講師、曾根三千彦 教授、愛媛大学大学院医学系研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科学の三谷壮平 特任講師、Vanderbilt大学・耳鼻咽喉科のEben Rosenthal 教授、KOTOBUKI Medical株式会社の森本岳 執行委員らの研究グループが行った研究、「Validation of a surgical training model containing indocyanine green for near-infrared fluorescence imaging」( https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/lio2.858 )において、次世代の技術である蛍光ガイド手術に応用が可能な新たな腫瘍切除モデルを開発し、その有用性を実証しました。本研究成果は2022年6月17~18日に奈良県で行われた第46回日本頭頚部癌学会にて発表されたほか、国際学会誌「Laryngoscope Investigative Otolaryngology」(2022年7月8日付電子版)に掲載されました。

蛍光ガイド手術とトレーニング
蛍光物質を用いて血管やがん組織などのターゲットを手術中にリアルタイムに「光らせる」技術です。外科医は、この光を道標(みちしるべ)にして手術を進めていきます。腫瘍やがんなどを治療する際には、健康な組織を傷つけずにターゲットを可能な限り最大限取り除く必要がありますが、事前に十分な触診や検査を行ったとしても、術中にターゲットを同定することは容易ではありません。ターゲットの同定をサポートし、残存を最小限に抑えるために有用な蛍光ガイド手術ですが、今まで同手術をトレーニングするためのモデルは市場にありませんでした。VTT(Versatile Training Tissue)は、植物由来の医療トレーニング用模擬臓器で、人体組織によく似た特徴を持っており、臨床で使用する様々な医療機器を用いてトレーニングが可能です。蛍光ガイド手術用に開発したVTT腫瘍切除モデルは、ブロック形状のVTTに、蛍光物質であるindocyanine green (ICG)をあらかじめ混ぜ腫瘍型にしたVTTを埋め込んだモデルです。

研究結果
名古屋大学メディカルxRセンターにて電気メスを用い、腫瘍の取り残しの検証を行いました。腫瘍をぎりぎり切除する核出群と、周りの組織をつけて切除する完全切除群で比較したところ、核出術群では切除後に残存の蛍光強度が有意に高く、腫瘍の取り残しが証明されました。本モデルを、腹腔鏡、内視鏡、ロボット手術の現場でトレーニングに積極的に用いることで、より低侵襲かつ確実ながんの切除のためのスキル向上が期待出来ます。また医師のスキル向上のみならず、同手術で使われる製品(近赤外光カメラ搭載の内視鏡など)の新規開発にも有用となる可能性があります。本モデルを皮切りに、ICG以外のさまざまな蛍光試薬や医療機器での検証を引き続き行い、蛍光ガイド手術に有用なトレーニングモデルを更に開発していく予定です。

関連記事

  1. ニューロテック医療機器ベンチャーINOPASEが東京工業大学 神経医療…

  2. 微量の血液で生活習慣病を遠隔診断。「AMI指先採血キット」、提供開始

  3. 理想のボディラインをデザインする部分痩せ治療医療機器「クールスカルプテ…

  4. Global Vascular、シリーズAで総額11.7億円の資金調達…

  5. 腕時計型睡眠計測「アクティグラフセンサ ACCEL ATRIA」の医療…

  6. インジケーター自動検査アプリ「クラウドインジケーター」、各メーカーに対…

最近の記事

PAGE TOP