医療機器

SDKI Inc.が新レポート「減量手術装置市場 – 世界的な予測2023年」を発刊

減量手術装置市場、成長率5.7%になるとの予測も

SDKI Inc.が減量手術装置市場の成長に必要な統計的や、分析的アプローチなどを調査した同市場に関する新レポート「減量手術装置市場 – 世界的な予測2023年」を、4月30日に発刊しました。

同レポートで減量手術装置市場は2018年から2023年までの予測期間中に、成長率5.7%になると予想。同装置での手頃な価格のケアや短い待機期間、高齢者人口の増加などが、同市場の成長の推進要因だと考えられています。

アジア太平洋地域では予測期間中に最大の成長率に

減量手術装置市場はタイプ別(低侵襲、非侵襲)、手順別(スリーブ状胃切除術、胃バイパス、修正手術、調整可能な胃バンディング、ミニ胃バイパス)、地域別にセグメントが分けられ、さまざまな要因に基づきサブセグメントとしてさらに細かく分類。

地域別はヨーロッパやアジア太平洋地域、北米とサブセグメントが分けられ、特にアジア太平洋地域では2018年から2023年までの予測期間中に最大の成長率になることが予想されています。

減量手術の数の増加や糖尿病などの併存疾患の急速な増加に加え、肥満を抑制する政府のイニシアチブなどが市場成長促進の要因だと考えられています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SDKI Inc. Bariatric Surgery Devices Market
https://www.sdki.jp/

SDKI Inc.のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000346.000072515.html

関連記事

  1. 植物由来の模擬臓器「VTT」のKOTOBUKI Medical、約80…

  2. フィリップス補聴器、AI搭載補聴器フィリップス ヒアリンクに新スタイル…

  3. シーメンスヘルスケア、AI画像解析ソフトウェア「AI-Rad Comp…

  4. 医療機関用災害対策システム「Smart DR」に「職員健康管理機能」が…

  5. オリンパスが高周波焼灼電源装置「ESG-150」を発売

  6. コロナ禍で需要急増の「OxiシリーズS-126」、量販店販売を再開

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP