イベント

訪日インバウンド医療プラットフォームを提供するワンメディカ、シリーズAでANRI等から総額3.5億円の資金調達を実施

訪日医療プラットフォームを提供する株式会社ワンメディカ(本社:東京都港区、代表取締役CEO:鳥巣知得、以下「ワンメディカ」)は、ANRI5号投資事業有限責任組合、株式会社メディカルノートに対する第三者割当増資及びデットファイナンスにより、総額3.5億円の資金調達を実施しました。

コーポレート・ミッション及び事業概要              

ワンメディカは、「国境を超えて、すべての人の健康により多くより良い選択肢を」というミッションのもと、透明性のある価格設定、支援の質の均一化、ミスマッチのない病院紹介をコンセプトに、中国を始めとした海外の患者向けに日本の最先端の医療サービスを届けるプラットフォームを提供しています。新興国を中心に世界の医療ニーズが急増する中、世界の中でもトップレベルにある日本の医療サービスにより、世界の人々の健康・福祉及び経済の発展に貢献できる可能性はますます高まっています。また、日本の医療機関にとっても、訪日インバウンド市場が本格的に回復する中、インバウンド医療需要に確実に応えていくことが、病院の経営基盤強化による持続可能な医療の実現のためにも重要になってきています。

そのような中で、ワンメディカは日本の多くの医療機関と提携し、中国を始めとした海外の患者様向けに、訪日医療サービスやオンラインセカンドオピニオン、慢性病管理、人間ドック等のサービスをワンストップで提供しています。また、病院における訪日外国人患者の受け入れ体制の構築を設備・人員・文化面から総合的に支援しています。

提携医療機関(一部)                      

・公益財団法人がん研究会 有明病院

・国際医療福祉大学 三田病院

・国立国際医療研究センター

・東京医科大学病院

・東京大学医学部附属病院

・虎の門病院

・日本大学医学部附属板橋病院

・兵庫県立粒子線医療センター

・山王病院 

資金調達の目的と今後の展開

今回の調達資金を元に、優れた人材を獲得すべく採用の拡大に着手します。それにより海外におけるさらなる顧客基盤の拡大を図るとともに、日本における医療サービスの拡充を行い、国境を越えた多くの外国人患者の健康を日本の医療でサポートしてまいります。また今後、訪日医療サービスのクオリティ向上と利用者満足度の向上に向けて、様々な取り組みを積極的に進めていく予定です。

関連記事

  1. Dr.’s Prime、医療系メディア大手の日経メディカルOnline…

  2. 医学・医薬に特化したAI翻訳プラットフォーム“AIKO SciLing…

  3. 【メディグル】地域医療連携プロモーション支援の新プラン「メディグルNE…

  4. 医療機器の展示会「Medtec Japan」、2021年4月に東京ビッ…

  5. コントロールグループ、予約管理システム「RESERVA」に関するセミナ…

  6. マイクロCTC検査サービスを提供するセルクラウド がんリスク検査事業拡…

最近の記事

PAGE TOP