IT

健康管理システム『HealthCore(ヘルスコア)』提供開始

事業場向け産業保健支援、医療人材総合サービスを提供する株式会社エムステージ(東京都品川区、代表取締役:杉田雄二)は、株式会社ヒューマネージ(東京都千代田区、代表取締役社長:齋藤 亮三)が開発する従業員一人ひとりの〈カラダ〉〈こころ〉〈エンゲージメント〉の状態を組織の成長につなげるための健康管理システム『HealthCore(ヘルスコア)』の提供を、2023年10月1日(日)より開始しました。

健康経営に取り組む企業が増える昨今において、健康診断やストレスチェックの結果など、従業員の健康に関わるデータの管理・活用に課題を抱える企業担当者、産業医、産業保健スタッフは少なくありません。

エムステージは、ストレスチェック制度義務化より14年近くも前、2002年に業界初・一次予防(事前予防)にフォーカスしたストレスチェック『Co-Labo(コラボ)』の提供を開始したヒューマネージが開発する、健康管理システム『HealthCore』の提供を開始します。

健康管理システム『HealthCore』は、バラバラに管理されている健康診断、ストレスチェック、エンゲージメント・サーベイのデータを手間なく一元管理でき、各種データの重層的な分析により、アプローチすべき対象(リスク予備群)や組織の課題を明確にします。

これにより、世界保健機関(WHO)が提唱する「健康」(=肉体的、精神的及び社会的に完全に良好な状態<well-being>)においてポイントとなる3つの項目「フィジカルヘルス」「メンタルヘルス」「ソーシャルヘルス」のデータを一元管理し、複合的に分析することで、組織の成長に活かすことが可能になります。

健康管理システム『HealthCore』5つの特長

①従業員の健康情報を一元化

②複合的なデータ分析(多重リスク管理)で、リスク予備群をいち早くフォロー

③充実したストレスチェック、エンゲージメント・サーベイを標準装備

④みやすくわかりやすいマイページ

⑤金融機関レベルの堅牢なセキュリティ

関連記事

  1. ドクターズ株式会社、「医療DX/デジタルヘルス」に特化した医師ヒアリン…

  2. LINEがオンライン診療サービスの現在の認知率や利用率、今後の流行予想…

  3. 株式会社ベーシックが脳血管内治療向け遠隔指導支援サービスを発売

  4. アボット、パーキンソン病等の運動障害に対する脳深部刺激療法の遠隔診療に…

  5. グループやイベントでの体温管理を簡易化する「体温ダイアリー」提供開始

  6. 日本IBMなどが、医療AIサービスのさらなる普及・発展に向けてHAIP…

PAGE TOP