AI

FRONTEO、新規AI創薬支援サービス「Drug Discovery AI Factory」事業を開始

株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本 正宏)は、ライフサイエンスAI領域において、新たな創薬支援サービス「Drug Discovery AI Factory」事業を開始することを発表しました。

医薬品の研究開発においては、開発初期段階で有望と見られた標的分子のうち、実際に医薬品の製品化に至るのはわずか2万~3万分の1であり、10~15年の開発期間と約1000億円の開発費用を要することが課題となっています。さらに近年は、研究開発の高度化・難化を背景に、製薬企業は有望なシーズの確保や投資リスク分散のため、アカデミアやベンチャー企業との連携などを積極的に進めています。

創薬支援ビジネスの市場規模は2026年に314億米ドル(約4.1兆円)に上ると推計され、特に、革新的新薬の開発に向けた研究の最上流であり、創薬の成功率に大きな影響を与える標的選定/評価の市場規模は70.8億米ドル(約9200億円)に達すると予測されています。半面、厚生労働省は、医薬品開発におけるAI活用が推進される中、この標的選定のプロセスにおいてはAIの活用が進んでいないことを課題視しています。

Drug Discovery AI Factory事業では、この標的選定/評価にかかる仮説生成においてイノベーションをもたらす新しい創薬支援サービスです。大手製薬企業や国際的研究機関で培った豊富な創薬経験とAIに対する深い理解を併せ持つ創薬研究者は、AIエンジン「KIBIT」やAIアプリケーションを駆使して、高い新規性・高スループット・高カバレッジを達成し、顧客の創薬研究の効率化・加速化・成功確率向上に貢献する解析と提案を継続的に行います。標的分子・バイオマーカー探索やメカニズム解明、新たな適応症の提案、シーズの評価などの多様な顧客ニーズに対し、革新的なソリューションを短期間で提供するとしています。

関連記事

  1. AIメディカルサービス、フランス第2の国立大学病院であるHospice…

  2. エイトス、医療機関向けのwebサービス「AI受付コンサルタ」をローンチ…

  3. パートナーのアプリケーションをEIRLプラットフォームに搭載し医療機関…

  4. 調和技研、北海道大学・NTT東日本とAI病理画像解析の共同研究を実施

  5. 脳ドック用AIプログラム「Brain Life Imaging」、公立…

  6. FRONTEOがAI医療機器における秘密計算の技術開発を開始

最近の記事

PAGE TOP