AI

AIメディカルサービス、フランス第2の国立大学病院であるHospices Civils de Lyonと内視鏡AIに関する共同研究を開始

内視鏡画像診断支援AIを研究開発する株式会社AIメディカルサービス(本社:東京都豊島区、代表取締役 CEO:多田 智裕、以下AIM)とフランス第2の国立大学病院であるHospices Civils de Lyon(以下 HCL)は、2022年12月12日に共同研究契約を締結しました。また、2023年4月17日から、当社の内視鏡AIを用いることで、フランスにおける内視鏡による胃がん診断の質の向上に寄与する可能性を示すべく共同研究を開始しました。

Hospices Civils de Lyon・教授 プロフィール
HCLは1802年創業のフランスで2番目の規模を誇る医療大学病院機関で、14の施設、医療従事者2.4万人以上が所属するフランスの大病院です。共同研究に参画したのは、ティエリー・ポンチョン教授とマシュー・ピオッシュ教授を中心とした肝胃腸病学科チームです。
ティエリー・ポンチョン教授は2007年から2017年までフランスのエドゥアール・エリオ病院で消化器科部長を務め、欧州消化器内視鏡学会の会長とガイドラインエキスパートを務め、欧州連合消化器病学会の広報委員会委員長を歴任するなど、経験豊富な医師です。マシュー・ピオッシュ教授はリヨン市民病院に勤めており、2014年には日本の慶應大学や国立がんセンターでインターンとして働きました。他にも内視鏡雑誌の編集、リヨン市民病院でイノベーションプロジェクトのメディカルリーダーを務めるなど活躍しています。

将来的な展開
AIMは、「世界の患者を救う」というミッションのもと、胃がん鑑別AIをはじめとする内視鏡AIを、日本だけでなく、世界の臨床現場に届けていきます。2021年4月にはアジアトップクラスの大学であるシンガポール国立大学病院と共同研究契約を締結しましたが、さらに多くの世界の医療機関と研究を進めることで、内視鏡AIを世界各国に展開します。

AIメディカルサービスの事業・技術

内視鏡検査において、見逃しが5~25%存在すると言われる胃がんの診断を支援するAIを開発しています。100施設以上の病院の協力により研究開発を行っており、がんの見逃しのない世界を目指して日々の事業に取り組んでいます。

関連記事

  1. レスコ、脳科学とAIを活用したメンタルヘルスDXを、広島県で実証中

  2. 脳ドック用AIプログラム「Brain Life Imaging® 」が…

  3. 処方箋読取サービス「mediLab AI」、読取精度などを学会発表

  4. 富士フイルム、医療クラウドサービスを開始

  5. 「EndoBRAIN-EYE」機能強化版、薬機法の一部変更承認を取得

  6. Ubie、「ホームページAI相談窓口」を医療機関へ無償提供開始

最近の記事

PAGE TOP