IT

手術手技のデジタル教科書「opeXpark(オペパーク)」、消化器科専門コンテンツの提供を開始

手術手技のデジタル教科書プラットフォーム「opeXpark(オペパーク)」を運営する、株式会社OPExPARK(本社:代表取締役社長:本田 泰教、以下OPExPARK)は、新たに消化器科専門のコンテンツの提供を開始したことを発表しました。

コンテンツ提供開始の背景

OPExPARKは手術における暗黙知を視える化することを目的とした、医師向けのオンライン動画コンテンツを配信しています。これまで、脳神経外科の分野において約160件のコンテンツを配信してきました。消化器科については、昨今の日本において、大腸癌や膵癌などの消化器系がんの罹患率が年々上昇傾向にあるという課題があります。そのため、専門的な知識や技術を有する消化器専門医の存在が重要視されており、医師は手術の術式はもちろんのこと、手術、放射線治療、化学療法を組み合わせた新たな戦略の選択肢も増え、ますます専門的な知見が求められています。このような背景から、国内約40,000名の消化器内科・消化器外科医師の学習・スキルアップ、および患者の健康促進に貢献できるよう、新たに消化器科の様々な手術手技コンテンツの配信を開始しました。

opeXpark(オペパーク)の特徴

脳神経外科の分野において、世界175ヶ国/10,000名、国内では、脳神経外科医約8,000名に対して、3,200名以上の医師に利用されています。

[主な機能]

医師が手術時に直面する疑問や解決策について、エキスパート医師による実際の手技・解説を交えて分かりやすく説明しています。

  • コメント機能:術中の術者の戦略・考えを細かく解説。音声解説付き症例もあり
  • 術前・術後情報:術前・術後の評価コメントと比較画像を掲載。手術全体のポイント解説あり
  • 手術室での体験を多画面で再現:体位どりからトロッカー抜去まで、無編集動画を多数掲載。術者手元、腹腔鏡操作まで見たい映像を網羅

関連記事

  1. Healthcare Ecosystemが「ケアエコ」をリニューアル

  2. 分散化臨床試験支援「MiROHA」、説明同院の遠隔化機能を実装

  3. コニカミノルタ、個別化医療に向け精密診断プラットフォームをグローバル展…

  4. Medii、昨年拡大した日本ベーリンガーインゲルハイムとの連携を更に強…

  5. コントレアがIC支援システムを恵佑会札幌病院に導入

  6. 医療機関をサイバー攻撃から守る「Ryobi-MediSec」提供開始

最近の記事

PAGE TOP