IT

医療教育VR「Body Map SE」「Acu Map SE」がIT導入補助金2023対象ツールに認定

医療教育VR「Body Map」「Acu Map」を販売する、株式会社MAI JAPAN(所在地:東京都港区、代表取締役社長 平岩祐太)は、経済産業省が推進する「IT導入補助金2023」の対象ITツールに「BodyMap Pro」「Acu Map Pro」「Body Map SE」「Acu Map SE」の4製品が認定されと発表しました。

IT導入補助金とは

経済産業省が中小企業のIT(情報技術)を活用した生産性向上を図るために策定した企業支援政策のひとつです。中小企業・小規模事業者がITツールを導入する際に、経費の一部について補助金を受け取ることができます。

・補助対象者:中小企業・小規模事業者等
・採択されたツール:VR医療教育サービス「BodyMap Pro」「Acu Map Pro」「Body Map SE」「Acu Map SE」
・補助金額:通常枠・A類型 最大で150万円補助(導入費用の最大50%まで)

IT導入補助金特別プラン

ソフトウェアを3年契約するとハードウェアがついてくるお得なプラン
Proバージョンなら、月々約25,000円
SEバージョンなら、月々約8,000円から導入可能

通常プラン

ソフトウェア費用と初期設定費用のシンプルなプラン。年間約35万円~、契約期間1年より導入可能

関連記事

  1. CBcloud、「薬急便」から処方薬を即日配送するサービスを開始へ

  2. アボットとMICIN、糖尿病の新たな治療環境構築に向けた協業を開始

  3. 健康管理アプリ「健康日記」、コロナワクチン接種歴の記録機能を追加

  4. MICINのオンライン診療アプリ「クロン」、医療機関の検索機能を追加

  5. ニューハート・ワタナベ国際病院、ネットによる「Apple Watch外…

  6. コントロールテクノロジー、「RESERVA」で2回のワクチン接種の同時…

最近の記事

PAGE TOP