IT

医療データ利活用のYuimedi、国立がん研究センターと研究用構造化データベースの開発に関する共同研究契約を締結

医療データ利活用プラットフォームを開発する株式会社Yuimedi(本社:東京都港区、代表取締役:グライムス英美里、以下「Yuimedi」)は、国立研究開発法人国立がん研究センター(所在地:東京都中央区、理事長:中釜 斉、以下「国立がん研究センター」)と放射線画像検査関連情報における医療用データベース構築に関する共同研究契約(以下「本共同研究」)を締結したと発表しました。

本共同研究では、 国立がん研究センター中央病院放射線診断科と共同で、放射線画像検査関連情報を対象とした診療情報を自動的に構造化する研究用データベースを構築します。このデータベースの構築は、日常の診療行為等で取得される医療データ(以下「RWD」=リアルワールドデータ)の大規模なデータ解析をシームレスかつ安全に実施可能にすることにつながります。

共同研究の背景
近年、病院に蓄積されたRWDを大規模に解析し、新薬の開発や医学研究に役立てようとする動きが盛んになっています。特に、画像診断の領域ではAI技術による診療支援が進んでいますが、これらの開発や精度管理のためにはRWDを用いた研究解析が重要といわれています。このようなRWDを用いた研究開発を行うには、RWDを効率的に収集した上で臨床的意味にしたがってデータを構造化し、格納する必要があります。画像診断支援AIの導入や開発に先進的に取り組んでいる国立がん研究センター中央病院放射線診断科とYuimediは、このような医療用データベース構築の必要性に関する考えが一致し、今回の共同研究契約締結に至りました。

共同研究の概要
国立がん研究センター中央病院放射線診断科による臨床的観点からの助言・提案・評価等をもとに、Yuimediがデータを構造化して格納するアルゴリズムやデータベースのシステム仕様等を設計し、RWDの構造化を支援するシステムの共同研究開発を行います。また本共同研究においてRWDの構造化を支援するツールとして、Yuimediが開発しているデータクレンジングソフトウェアYuicleanerを提供します。病院に蓄積されている膨大なRWDの構造化を支援し、医学研究の促進に貢献できるよう、Yuimediは国立がん研究センターと共同で研究を進めていくとしています。

関連記事

  1. AMIが遠隔医療支援システム『クラウド超診®︎』をリリース

  2. クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」クリニック・整体院…

  3. 医療相談アプリ「LEBER」の累計利用者数が約13.9万人に

  4. プレシジョンの医学情報サイト「お医者さんオンライン」が月間100万PV…

  5. 臨床判断能力向上を支援する「Medi-EYE用教育VRキット」発売

  6. CBcloud、「薬急便」から処方薬を即日配送するサービスを開始へ

最近の記事

PAGE TOP