IT

医療ITスタートアップの株式会社オンコールが、株式会社メディカルトリビューンと医師向けスポット勤務マッチングサービスで提携

株式会社オンコール(住所:東京都港区、代表:上田翔太、以下「オンコール」)は、株式会社メディカルトリビューン(住所:東京都港区、代表取締役社長:丸林哲也、以下「メディカルトリビューン」)と提携し、オンコールが提供する医師向けスポット勤務マッチングサービスを共同で展開します。

提携の背景
医療業界では従来から慢性的な医師不足が全国的な社会課題となっており、病院やクリニックといった医療現場での医師需要のみならず、企業における健康経営の促進や少子高齢化といった社会的な潮流の中で、医師の需要は更に拡大傾向にあります。また、新型コロナウィルスの対応にあたってワクチン接種会場での打ち手の確保問題などでも顕在化した通り、変動する医師需給に柔軟に対応できるような社会システムの構築が求められています。さらに、医師のキャリアプラン/ライフスタイルの多様化や働き方改革、シニアドクターの有効活用といった課題に対応していく上でも、医師のスポットアルバイト求人の活用は有効なソリューションの一つになり得ると考えられます。このような社会的な背景の中、オンコールは医療機関にとっての利便性を追求した、医師向けスポット勤務マッチングサービスを提供してきており、同サービスの展開において、国内最大級の医師会員(約27万人)および、全国の病院にネットワークを有するメディカルトリビューンと提携することとなりました。まずは首都圏エリアにて、メディカルトリビューン顧客の医療機関へのwebサービスの展開と、同社登録医師向けのアプリ登録の促進を進め、サービス検証・改善を行いながら段階的に対象地域の拡大を予定しています。

サービスの特徴
アプリ登録した医師へ、医療機関が直接スポットアルバイト求人の募集を行い、勤務者選定・勤務手続まで効率的に業務をまわしていくことができるマッチングプラットフォームを展開します。

アプリ登録医師にとってのメリット
専用アプリに随時新着のスポットアルバイト求人が届きます。アプリに各種情報を事前登録しておくことで応募から勤務確定、事前手続きまでクイックに完了します。医療機関やユーザーサポートとのメッセージやりとりもアプリで完結します。

医療機関にとってのメリット
専用webサービスで求人作成・配信から応募受付・勤務者確定など一連のフローがワンストップで完結します。医師とのダイレクトなメッセージやりとりでスムーズに業務が進みます。多数の案件の一覧管理や、勤務表(給与口座・交通費等)の申請・集計など、一般的に手間のかかるスポット業務を効率化する機能があります。

関連記事

  1. 「SmartNews」、接種時期などを通知する「新型コロナワクチンチャ…

  2. ファストドクターが大阪医科薬科大学と共同研究契約を締結

  3. かかりつけ薬局化支援サービス「kakari」、かかりつけクリニック支援…

  4. ソフトバンクら、5Gでインプラント手術の遠隔支援に成功

  5. Medeco、慢性期めまい疾患の疾患モニタリングサービスをリリース

  6. 医療相談アプリ、群馬県・上野村の200世帯に導入

最近の記事

PAGE TOP