AI

千葉大発の医療ベンチャー、脳卒中AI予測診断の研究論文が英科学誌に掲載

千葉大発の医療スタートアップ、Smart119

株式会社Smart119は、2021年10月18日、同社の脳卒中AI予測診断アルゴリズムの研究論文が、国際科学誌に掲載されたと発表しました。

同社は、千葉大学発の医療スタートアップであり、救急医療情報サービス『Smart119』を開発している企業。今回の論文掲載は英『Scientific Reports』誌にて行われ、脳卒中のAI予測診断に関する研究が報告されています。

救急患者の容態などから脳卒中の症状を診断

脳卒中は、突発的に発病する傾向が高い疾患であり、救命および後遺症抑制のためには迅速かつ最適な急性期治療が必要です。しかし現状では救急隊の判断が医療機関に共有されず、救急患者が受け入れ病院に到着してから診断/病状特定が行われています。

さらなる迅速な診断と治療のためには、救急隊の判断精度および医療機関の質の向上が不可欠であると同社は判断し、AI予測診断の開発に至りました。この診断は、「くも膜下出血」「脳梗塞」「脳出血」「主幹動脈閉塞」といった脳卒中の症状を、救急患者の容態/疾患履歴/気象状況などから判断するというものです。

有効性を実証したと報告

AI予測診断の開発は、同社と千葉大学大学院医学研究院の共同研究として実施されました。同研究についての論文では、急性期医療における脳卒中疾病に対して、AI予測診断アルゴリズムの有効性を実証したことが報告されています。

なお同社はこのAI予測診断について、『Smart119』への実装を予定。特許も既に申請しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

脳卒中AI予測診断アルゴリズムの研究論文が国際科学誌に掲載されました – 株式会社Smart119
https://smart119.biz/news/000397.html

【救命率向上】三大疾病の一つ「脳卒中」にAI予測診断を – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

関連記事

  1. エムスリー、肺疾患の診断支援に関して日本ベーリンガーインゲルハイムと業…

  2. FRONTEOのライフサイエンスAI事業・戦略アドバイザーに鳥居 正男…

  3. 「EndoBRAIN-EYE」機能強化版、薬機法の一部変更承認を取得

  4. エルピクセルの医用画像解析ソフトウェアEIRLシリーズ、累計100施設…

  5. Ubieの「AI問診ユビー」、導入した医療機関数が400以上に

  6. AIのFRONTEO、内閣府のAIホスピタルシステム構築プログラムに協…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP