IT

ノーススターと国際自動車、救急病院までのタクシー配車サービスを開始

小児医療相談アプリ「キッズドクター」に対応

株式会社ノーススター(以下、ノーススター)は、国際自動車株式会社(以下、国際自動車)の「サポートキャブ」と連携し、時間外の小児医療相談アプリ「キッズドクター」において、救急病院までの交通手段となるタクシーの配車サービスを開始しました。

これは、「キッズドクター」アプリのユーザーから「夜、子どもの病気を診てもらえる医療機関がわからない」「夜の時間帯に救急病院までのタクシーが捕まらない」等の声が多くあることを受けたものです。

タクシー配車サービス対象エリアは東京都23区・武蔵野市・三鷹市で、ノーススターは、「キッズドクター」の医療相談機能を通して近くの救急病院の紹介を行い、ユーザーは、必要に応じて、病院までの移動手段となるタクシーの配車支援サービスを利用することができます。

急な体調不良に往診やオンライン診療

「キッズドクター」は、「症状をネットで調べたが、どう対処したらよいかわからない」「以前処方された薬を飲ませてよいか相談したい」「突然嘔吐や下痢をしたが、医者に診てもらうべきかわからない」「高熱が出たので、インフルエンザかどうか検査したい」など、子どもの健康に関する不安を解消するために生まれたサービスです。

平日夜間・休日など、病院が開いていない時間帯に、子どもが急に体調不良となった場合、看護師による医療相談が無料で受けられ、必要に応じて、ビデオ通話を通した医師とのオンライン診療や、医師が自宅で診察してくれる往診を依頼することができます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社ノーススター プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000077866.html

「キッズドクター」
https://kids-doctor.jp/

関連記事

  1. コニカミノルタ、個別化医療に向け精密診断プラットフォームをグローバル展…

  2. ファストドクターがWEBツール「クリニックポータル」の提供を開始

  3. Apple Watchを活用。心拍数から健康状態を遠隔検知するアプリ「…

  4. 臨床判断能力向上を支援する「Medi-EYE用教育VRキット」発売

  5. シーメンスヘルスケア株式会社とHoloeyes株式会社 連携販売開始

  6. 電子カルテ「CLIUS」がクリニックEXPOに出展

最近の記事

PAGE TOP