ロボット

ヒューマノーム研究所、ロボット手術を東京医科歯科大学と共同研究

腹腔鏡下・ロボット手術の普及を目指す

株式会社ヒューマノーム研究所は、2021年3月11日、「人工知能技術を用いた手術ナビゲーションシステムの研究」に関する共同研究契約を、東京医科歯科大学との間で締結したと発表しました。

この共同研究は、ロボット手術の手技取得サポートシステムを開発すべく実施されるもの。同システムを通じて、安全性が高く侵襲性の少ない腹腔鏡下・ロボット手術の普及が目指されます。

より負担の少ない形で開腹手術を実施

株式会社ヒューマノーム研究所は、AI・データ解析技術の研究・開発や、生体・環境計測によるDX推進などに取り組んでいる企業です。健康のあり方を変えるDXをAI技術によって推進することで、人間が自分らしく楽しく暮らせる健康社会の実現を目指しています。

同社は、超高齢化社会となった現在の日本において、病院の手術件数が増加傾向にあることを憂慮。より負担の少ない形で開腹手術を実施できる腹腔鏡下手術やロボット手術に注目しました。東京医科歯科大学と行う共同研究は、これらの手術における課題をAIの活用によって解決すべく、実施されるものです。

胃がん手術のナビゲーション用AIモデルを開発

今回の共同研究開始に先立ち株式会社ヒューマノーム研究所は 物体検知モデル開発システム『Humanome Eyes』の特別カスタマイズ版を、東京医科歯科大学に提供。同システムを用いて、胃がん手術のナビゲーション用AIモデルが開発されています。

同社は今後、より多様な環境下における臓器認識や手術ナビゲーションを実現すべく、さらなるAIモデルの改善を図るとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京医科歯科大学と手術ナビゲーションシステムのAI開発に関する共同研究を開始しました – 株式会社ヒューマノーム研究所
https://humanome.jp/20210312tmdu/

関連記事

  1. SDKI Inc.がロボット支援手術システム市場に関するレポートを発刊…

  2. 順天堂大学とMELTIN、ロボットニューロリハビリテーション機器に関す…

  3. 日本メドトロニック 脊椎手術用手術支援ロボット「Mazor X ロボッ…

  4. インテュイティブサージカル、ダビンチ手術のリモート症例見学プログラム本…

  5. 次世代手術ロボット市場は2030年に8億8,400万米ドルに達すると予…

  6. アフラック、独自技術による手術支援ロボットを開発するリバーフィールドに…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP