AI

アクセンチュア、生活習慣病リスクのAI予測モデルを共同研究

生活習慣病の将来リスクを、確率として提示

アクセンチュア株式会社は、2021年2月12日、生活習慣病リスクのAI予測モデル構築に向けて、国立国際医療研究センターとの共同研究を開始したと発表しました。

この研究では、国立国際医療研究センターが蓄積した約12万件の健康診断データを活用。糖尿病・高血圧症・脂質異常症といった生活習慣病の将来リスクを、確率として提示できるAIモデル構築が目指されます。

「AI予測結果のブラックボックス化」も解消

アクセンチュア株式会社は、デジタル・クラウド・セキュリティ領域において世界をリードするアクセンチュア社の日本法人です。アクセンチュア社は、40以上の業界において比類なき知見・経験・専門スキルを持ち、世界最大規模を自負する先端テクノロジーのネットワークも構築。利用者・パートナー企業・社会に貢献すべく、さらなる価値創出に取り組んでいます。

今回開始された共同研究では、約12万件の匿名化された健康診断データを分析することで、生活習慣病のリスク要因について疫学的にも解釈可能な予測モデル構築が目指されます。分析に際しては、既往歴・服薬状況・血液検査結果などの健康データや、運動・喫煙・飲酒といった生活習慣データなども活用。また、「AI予測結果のブラックボックス化」という課題の解消を図られるとのことです。

医療分野での責任あるAI活用普及を推進

この研究をアクセンチュア株式会社と共に行う国立国際医療研究センターは、感染症・免疫疾患に加えて糖尿病・代謝疾患などに関する研究・医療も手がける医療施設。多様な組織から構成されており、医療分野における国際協力や人材育成にも総合的な形で取り組んでいます。

この研究によりアクセンチュア株式会社は、医療分野での責任あるAI活用普及を推進すると共に、医療費削減にも寄与するとしています。

(画像はアクセンチュア株式会社の公式ホームページより)

▼外部リンク

アクセンチュア株式会社
https://www.accenture.com/jp-ja

アクセンチュアと国立国際医療研究センター、生活習慣病リスクのAI予測モデル構築 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

関連記事

  1. アドダイス、医療用AI「ResQ AI」のクラウドファンディングで30…

  2. ジャパンタイムズの英語イベントに、AI医療機器開発のアイリスが登壇

  3. アナウトが第三者割当増資を実施、外科医療手術支援AIシステムの開発を推…

  4. エイトス、医療機関向けのwebサービス「AI受付コンサルタ」をローンチ…

  5. 日立ソリューションズ、AIトレンドから考える未来社会データ活用セミナー…

  6. 検温証明書発行サービス「AI検温パスポート」、新バージョンを提供開始

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

アーカイブ

PAGE TOP