医療機器

オムロン ヘルスケアの遠隔患者モニタリングシステム、「CES2021」で賞を獲得

「HeartGuide」以来、2度目の受賞に

オムロンヘルスケア株式会社(以下、オムロンヘルスケア)の「VitalSight」が、先端デジタルテクノロジーが結集するイベント「CES2021」で、賞を獲得したと1月15日にオムロンヘルスケアが発表しました。

「VitalSight」はオムロンヘルスケアが提供している遠隔患者モニタリングシステムで、1月11日から14日にかけてオンライン開催された「CES2021」において今回、「Best of CES2021(デジタルヘルス&フィットネス部門)」を受賞した。

オムロンヘルスケアは2019年の同イベントにおいて、ウェアラブル血圧計「HeartGuide」で「Best of CES2019(ウェアラブル部門)」を受賞。今回で2度目の受賞となりました。

バイタルデータを患者が自宅で測定、医師らと共有が可能

「VitalSight」では患者自らが自宅でバイタルデータを測定し、それを医師や医療従事者とオンラインで共有が可能。血液状態に変化が見られればアラートを通知する機能も備わっており、定期的な通院をせずに治療が続けられるシステムとなっています。

今回の「CES2021」では、オンライン上で共有したバイタルデータを、電子カルテなどと連携できる技術性に加え、通院をせずに治療を継続し、「脳・心血管疾患の発症」の予防に貢献するという社会的課題の解決の観点で高い評価を獲得しました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

オムロンヘルスケア株式会社
https://www.healthcare.omron.co.jp/

オムロンヘルスケア株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000028583.html

関連記事

  1. SDKI Inc.が人工呼吸器市場に関する新レポートを発刊

  2. オリンパス、朝日インテックとガイドワイヤ「Fielder18」の独占販…

  3. カウネットが管理医療機器約2,300品番の販売を開始

  4. ビッグブルー、Fotofinder Systems社の独自ダームスコー…

  5. SDKI Inc.が気管切開製品市場に関する新レポートを発刊

  6. SDKI Inc.がビデオ喉頭鏡市場に関する新レポートを発刊

最近の記事

PAGE TOP