医療機器

Global Vascular、シリーズAで総額11.7億円の資金調達を実施

ナノテクノロジーで世界初の最先端血管内治療を実現するGlobal Vascular株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:尾藤健太、代表取締役COO:前川駿人)は、既存投資家であるDiamond Medino Capital株式会社に加え、田中貴金属工業株式会社、株式会社ファストトラックイニシアティブ、東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社、東京理科大学インベストメント・マネジメント株式会社、他を引受先とした第三者割当増資より、2023年11月にシリーズAにて総額11.7億円の資金調達を実施しました。

本資金調達により、「下肢動脈疾患用薬剤溶出性ステントデリバリーシステム」の薬事承認取得に向けた「米国GLP試験施設における動物試験」を中心に「ステントデリバリーシステムの非臨床試験」を加速します。グローバルでの薬事承認を見据えたデータ取得により、世界中の下肢閉塞性動脈硬化症の患者さんへいち早く開発中の技術を届けます。Global Vascularは2022年12月の創業当初から2.8億円の資金調達を実施しており、今回の調達により累計調達額は総額14.5億円になります。

資金調達の背景

下肢閉塞性動脈硬化症に代表される末梢動脈疾患の患者数は世界で2億人以上と言われています。下肢閉塞性動脈硬化症は足の痺れや壊疽を誘引し、最悪の場合下肢切断を余儀なくされる疾患であり、その治療が全世界で行われます。現在、動脈硬化症の治療には「ステント」という金属円筒状の医療機器を留置し、血管が詰まった部位を内側から広げて血流量を確保する治療が主流となっています。下肢においても、太ももなどの膝上領域ではステント留置術が一般的ですが、下肢では末梢(つま先)に向けて血管が細く血流が遅くなり、血栓の形成や細胞の過増殖が生じやすく、血管が再び詰まりやすいために膝下領域においてはステントの開発が遅れています。

Global Vascularは2000年代から医工連携共同研究チームHasebe Research Groupの長年の研究にて研究・開発されてきたバイオマテリアル「フッ素添加ダイヤモンドライクカーボンコーティング(F-DLC)」を下肢に用いられるニッケルチタン(NiTi)ステント表面に実装可能な技術に昇華し、他社がアプローチできなかった「生体と人工物との異物反応」の極小化を実現しました。研究からエンジニアリング、治療ガイドラインを熟知した専門医を含めたマーケティング、製品化、製造販売承認取得までを一気通貫におこない、世界に先駆けた次世代ステントを世界中の医療現場に届けることを目指しています。

調達資金の使途

  1. 米国GLP試験施設での動物試験、国内外での非臨床試験

・米国最大の動物実験施設にて安全性試験、薬物動体試験を実施する。

・国内外の施設にてエンジニアリング、CMC試験などを実施する。

  1. 治験開始に向けた準備

・非臨床試験データ取得後速やかに治験に移行するための準備を行う。

・データの充足性や治験プロトコルの妥当性について規制当局と議論する。

関連記事

  1. 世界初の非侵襲痛み治療機器「エイト」が日本での保険適用を取得し、本格導…

  2. 日本メドトロニック 植込み型心臓デバイス初の遠隔プログラミングを搭載し…

  3. カーディナルヘルス株式会社、超音波メーカーのエコノスとAI技術を活用し…

  4. 睡眠計測用のテレメトリー式脳波計「インソムノグラフM2」の医療機器認証…

  5. 「True3Dホログラム PreOP」、日本初の医療機器認証を取得

  6. アボット、スマートフォンで糖尿病の血糖管理ができるアプリの提供を開始

最近の記事

PAGE TOP