AI

AOSデータ社、データコマースDataMart.jpに医療・ヘルスケアオープンデータを公開

クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開するAOSデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 春山 洋 以下 AOS データ社)は、医療・ヘルスケア産業関連の事業者の方々において、持続可能な医療システムの確立や高齢者の健康維持などのサービスの情報となる、医療・ヘルスケアオープンデータをAI学習用データコマースプラットフォーム「DataMart.jp」で公開したことを発表しました。

医療・ヘルスケアデータの重要性の高まり
近年、医療およびヘルスケア分野におけるデータの重要性が高まってきています。背景には、高齢化の進展、医療技術の急速な進歩、そしてデジタル変革の波があります。人々の平均寿命が延びる中で、持続可能な医療システムの確立や高齢者の健康維持が急募となっており、そのための政策策定やサービス提供には、正確かつ詳細なデータが不可欠です。同時に、AIやビッグデータ技術の進化により、膨大な医療データの解析が可能となり、個々の患者に最適化された治療や予防策の提供が期待されています。このような背景から、医療およびヘルスケアデータの取得、管理、活用がより一層重要となってきています。

医療・ヘルスケアデータの特徴
医療およびヘルスケアの領域は、人々の生命や健康に直接関わる非常に重要な分野であり、データの活用はこれに新たな価値をもたらしています。しかし、他の分野と比較して、医療データはその特異性と独特の性質を持っています。データの中には、個人の生活習慣や遺伝情報、治療の詳細といった非常にプライベートな情報も含まれるため、取り扱いには注意が必要です。その一方で、これらのデータを適切に活用することで、疾患の早期発見や効果的な治療方法の提供、さらには新しい医療技術の開発といった革新的な成果を生み出すことも可能です。

データの共有・活用から、資産として売買されるDXの推進へ
AOSデータ社は、『Data to AI® 』というキャッチフレーズを掲げ、AI・DX時代のAI&データドリブン経営のためのデータワンストップサービスを展開しています。具体的には、紙などのアナログ情報をデジタル化するプラットフォーム「aipapyrus.com」、企業内のデータを安全に共有・集積するプラットフォーム「aosidx.jp」、損失したデータを復旧するデータリカバリーセンター「data119.jp」、データを活用するためのAIデータ加工センター(データアノテーションサービス) 「aidata.jp」など、データのライフサイクル全体を一気通貫で管理するための各種ソリューションを、ワンストップで運営および提供しています。

関連記事

  1. AIメディカルサービス、早期胃がんに特化したAI搭載の内視鏡画像診断支…

  2. EIRL Brain Segmentation、頭部CT画像から高吸収…

  3. 症状検索エンジン「ユビー」の月間利用者数が500万人を突破

  4. アドダイス、バイタル測定スマートウオッチを活用した実証実験を久万高原町…

  5. FRONTEOが「会話型 認知症診断支援AIプログラム」の臨床試験を予…

  6. Ubie、「AI問診ユビー for クリニック」を全国のクリニックに無…

最近の記事

PAGE TOP