医療機器

GEヘルスケア・ジャパン、外科治療領域へとビジネスを拡大

GEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:若林 正基)は、2021年12月に完了されたBKメディカル社の買収を受け、本年8月31日より日本市場において、BKメディカル製品の販売を開始しました。術前の診断、外科手術の可視化、術後の治療において精度の高いケアの提供に貢献するBKメディカル製品を加えることで、GEヘルスケア・ジャパンが長きにわたり実績を重ねてきた画像診断の分野から外科治療領域へとビジネスを拡大し、日本の医療が必要とするプレシジョン・ヘルスの前進により一層貢献していくことが可能になります。

背景

日本は世界でも有数の超高齢化社会を迎えるとともに、三大疾病の一つであるがんの罹患数の増加が著しく、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかのがんにかかるといわれる時代になっています。外科的手術を選択される患者も増加傾向にあり、治療後のQOLの向上を目的とした侵襲性の低い治療への要望が高まりを見せています。日本は技術的にも最先端の治療を実施できる環境にあることから、腹腔鏡手術やロボット支援手術などMinimum Invasive Surgery(低侵襲外科手術)へのニーズが高まっています。BKメディカルは、より先進的な治療を支援するべく、手術支援ナビゲーションシステムや前立腺がん密封小線源治療計画装置などの領域において様々な企業との共同開発を通じ、がん治療領域における幅広いソリューションを提供してきました。

販売を開始する製品:bkActiv・bkSpecto

外科手術・治療を”見える化”する Active Imagingをコンセプトに開発しています。手術中・治療中の状態を画像で”見える化”し、精度の高い手術・治療に貢献することを目指します。外科手術・治療にフィットするハードウェアデザインを採用。ソフトウェアでも精度の高い手術・治療をサポートするために 術中穿刺・術中造影検査・過去検査/術前検査との比較機能などを搭載しています。侵襲性の低い外科手術のニーズが増えているという動向に応え、高画質で走査しやすい内視鏡手術用トランスデューサー・ロボット支援手術用トランスデューサーを開発しました。この他 開腹手術用、泌尿器科、直腸肛門領域の専門性の高いトランスデューサーを実現。泌尿器科領域では経直腸式穿刺・経会陰式穿刺と、豊富な種類の穿刺ガイドを準備し、医療のニーズに応えることができます。

関連記事

  1. GEヘルスケア・ジャパン、循環器検査にも対応するポケットエコーVsca…

  2. アレックスが医療機器「TENEX」でゴルフ肘を治療

  3. Report Ocean、呼吸器系医療機器市場に関するレポートを発行

  4. アボット、スマートフォンで糖尿病の血糖管理ができるアプリの提供を開始

  5. 日本メドトロニック 日本初の経カテーテル肺動脈弁専用デバイス「Medt…

  6. サイトパスファインダー、医療分野での技術展開を目指してCF開始

最近の記事

PAGE TOP