IT

医療用画像処理ソフトウェア「Holoeyes MD」が新たに区分A2(特定包括)として保険適用

Holoeyes株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:杉本真樹、以下「Holoeyes」)は、Holoeyesが製造販売する医療用画像処理ソフトウェアHoloeyes MDが新たに区分A2(特定包括)「検査用位置情報表示装置」として保険適用されたことを発表しました。

厚生労働省「医療機器の保険適用について」(保医発0831第2号 令和5年8月31日)により、医療用画像処理ソフトウェア 「Holoeyes MD」 (認証番号:302ADBZX00011000)が、 区分A2 (特定包括)(特定の診療報酬項目において包括的に評価されているもの)として、また特定診療報酬算定医療機器の区分「検査用位置情報表示装置」として、新たに保険適用とすると通知されました(保険適用開始年月日は令和5年9月1日)。

なお「検査用位置情報表示装置」とは、「Holoeyes MD」の薬事認証上の位置付けである、一般的名称:汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム(70030012)において、経気管肺生検の際、仮想気管支鏡画像を用いて位置情報を表示するもの、対応する診療報酬項目は「D 415-4 経気管肺生検法(仮想気管支鏡を用いた場合)」と定義されています。

参考:厚生労働省「特定診療報酬算定医療機器の定義等について」(保医発 0304 第1号、令和4年3月4日)

Holoeyesは今回の仮想気管支鏡の機能開発に留まらず、引き続き臨床現場の医師・医療者への支援機能開発を加速させ、医用画像と医療知見を空間的に再現・共有し医療の最適化を進めていくとしています。

関連記事

  1. イー・ガーディアン、「オンライン診療トータルサポート」を提供開始

  2. ネクイノ、婦人科特化型オンライン診察アプリから国内未承認ピルの情報を提…

  3. 電子カルテ「CLIUS」がクリニックEXPOに出展

  4. オンライン診療・服薬指導サービス「SOKUYAKU」、決済手段に「コン…

  5. アボット、パーキンソン病等の運動障害に対する脳深部刺激療法の遠隔診療に…

  6. メディカルフォース、自由診療特化クラウドの事前申し込みを受け付け中

最近の記事

PAGE TOP