IT

デジタルバイオマーカー開発のテックドクター、Google Pixel Watch データの解析にも対応開始

「データで“調子”をよくする時代へ」をビジョンに掲げ、医療・製薬・食品関連企業や研究機関向けにデジタルバイオマーカー開発プラットフォーム「SelfBase(セルフベース)」を提供する株式会社テックドクター(代表取締役:湊 和修、本社:東京都品川区、以下:テックドクター)は、これまで対応していたFitbitなどの機種に加え、新たにGoogle Pixel Watchデータの解析も対応開始しました。

「SelfBase」は、ウェアラブルデバイス等で取得できるモニタリングデータや医療関連データ等の解析に特化した、デジタルバイオマーカー(dBM) 開発プラットフォームです。

大量のデータをリアルタイムで収集、一元管理し、解析レポートを作成することで、解析工数・コストを大幅に削減できます。

テックドクターは医療・製薬・食品をはじめとする事業者や研究機関、また医療データ関連のサービス開発を行う事業者向けに、2020年から提供を行っています。

なお、SelfBaseはCSVガイドライン(医薬品·医薬部外品製造販売業者等におけるコンピュータ化システム適正管理ガイドライン) に沿ったクラウド上で運用されています。

現在「SelfBase」は、複数のウェアラブルデバイスや医療機器などと連携し、解析を行うことが可能です。

関連記事

  1. 日本ストライカー、可動式CT装置「AiroモバイルCT」を発売

  2. アルム、広島大学・札幌医科大学とてんかん診療遠隔脳波診断支援の共同研究…

  3. 患者向けスマホアプリ「MyHospital」、神奈川県のクリニックが初…

  4. 富士通など、「4K8K高度映像配信システム」を活用したがん手術の実証実…

  5. 薬局支援サービス「kakari」、スマホアプリのダウンロード数が30万…

  6. 医療相談アプリ、群馬県・上野村の200世帯に導入

最近の記事

PAGE TOP