IT

デジタルバイオマーカー開発のテックドクター、Google Pixel Watch データの解析にも対応開始

「データで“調子”をよくする時代へ」をビジョンに掲げ、医療・製薬・食品関連企業や研究機関向けにデジタルバイオマーカー開発プラットフォーム「SelfBase(セルフベース)」を提供する株式会社テックドクター(代表取締役:湊 和修、本社:東京都品川区、以下:テックドクター)は、これまで対応していたFitbitなどの機種に加え、新たにGoogle Pixel Watchデータの解析も対応開始しました。

「SelfBase」は、ウェアラブルデバイス等で取得できるモニタリングデータや医療関連データ等の解析に特化した、デジタルバイオマーカー(dBM) 開発プラットフォームです。

大量のデータをリアルタイムで収集、一元管理し、解析レポートを作成することで、解析工数・コストを大幅に削減できます。

テックドクターは医療・製薬・食品をはじめとする事業者や研究機関、また医療データ関連のサービス開発を行う事業者向けに、2020年から提供を行っています。

なお、SelfBaseはCSVガイドライン(医薬品·医薬部外品製造販売業者等におけるコンピュータ化システム適正管理ガイドライン) に沿ったクラウド上で運用されています。

現在「SelfBase」は、複数のウェアラブルデバイスや医療機器などと連携し、解析を行うことが可能です。

関連記事

  1. ネクイノ、婦人科特化型オンライン診察アプリから国内未承認ピルの情報を提…

  2. アナムネ、新オンライン診療プラットフォームで最寄り薬局での受け取りが可…

  3. 自由診療クリニック特化型のDXツール『B4A(ビーフォーエー)』が資金…

  4. 高血圧オンライン診療支援サービス、アドバンス健康経営プログラムに導入決…

  5. クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」クリニック・整体院…

  6. メディカルノート、JAF会員向けオンライン医療サービスの提供を開始

最近の記事

PAGE TOP