AI

AI医療機器開発のCYBOが4億円の資金調達を実施

株式会社CYBO(本社:東京都江東区青海2-4-10産業技術研究センター製品開発支援ラボ301、代表取締役:新田尚、以下「同社」)は、ジャフコおよびインキュベイトファンドを引受先とした第三者割当増資(シリーズA)で4億円の資金を調達しました。

同社は 、顕微鏡検査へのAI活用で、がんや血栓症などの病気の早期発見や治療の精密化を目指すスタートアップ企業です。独自開発の高速撮像や細胞解析AIなどの技術を駆使して顕微鏡検査を効率化するソリューションを開発しています。顕微鏡検査はがん検診や病理診断などで広く活用されていますが、専門家の手技や経験、知識に大きく依存した検査のため、効率化や精度の安定化などが課題となっていました。同社はこの課題に応えるために、検体画像を高速かつ高品質でデジタル化する技術、および画像を解析するAI技術を統合したプラットフォーム製品SHIGIの開発 を進めてきました。さらに血液検査などの様々な用途にSHIGIを応用する研究開発も進めています。

今回、ジャフコおよびインキュベイトファンドを引受先として399,999,001円の第三者割当増資を行いました。この資金を活用して、SHIGIをベースとしたAI医療機器の開発および事業化を推進し、2024年度中の販売開始を目指します。製品開発の加速および会社の規模拡大に伴い、エンジニアや管理人材などの採用を拡大します。さらに本ラウンドの投資家であるジャフコから沼田朋子氏が同社の社外取締役に就任致しました。また、子宮頸がん向け製品の事業化を加速するため杉山裕子氏が6月1日付で細胞診プロダクトマネージャーに、アテローム血栓症の早期発見ソリューション開発を加速するために矢冨裕氏が4月1日付で学術顧問に就任しました。

関連記事

  1. 千葉大発の医療ベンチャー、脳卒中AI予測診断の研究論文が英科学誌に掲載…

  2. Ubie、「AI問診ユビー for クリニック」を全国のクリニックに無…

  3. FRONTEOのライフサイエンスAI事業・戦略アドバイザーに鳥居 正男…

  4. 病院のAIセキュリティ対策などを説く無料セミナー、6月23日開催

  5. NECとBostonGene、AI分析でがん患者の個別化治療を支援

  6. FRONTEOが医学論文探索AIソフトウェアで特許を取得

最近の記事

PAGE TOP