IT

生成AI等を用いた医療リアルワールドデータの収集と医療DXの加速

新医療リアルワールドデータ研究機構株式会社(本社:京都市、代表取締役社長:是川 幸士、以下「PRiME-R」)は、電子カルテに蓄積された医療情報等の非構造データに関し、生成AI等の新たな技術を用いて医療従事者の手を煩わせることなく構造化し、自社が提供するCyber Oncology®をはじめとするCyber Rシリーズに収集・蓄積する取り組みを進めることを発表しました。

取り組みの背景

PRiME-Rは、臨床現場におけるがん薬物治療に関するデータを標準化/構造化してデータベース化するCyber Oncology®を開発・発展させるとともに、京大病院を中心とした25医療機関が参画する「がん診療におけるリアルワールドデータ収集に関する多施設共同研究(CONNECT研究)」及び西日本がん研究機構による「AIによる肺癌の予後予測モデル構築に向けた多施設レジストリ研究(REAL-WIND研究)」などにおいて、Cyber Oncology®を用いた医療情報の収集を支援してきました。こうした研究の支援を通じ、全国約40施設にCyber Oncology®を導入し、PRiME-Rのデータセンターと接続することにより、がん診療におけるリアルワールドデータ(以下「RWD」)の収集・利活用に資する新たな医療情報基盤(以下『本システム』)を確立しました。本システムにより、自医療機関内及び本システム導入医療機関全体の治療内容や有害事象情報等の分析・統計解析が可能となり、医療安全や医療技術の向上につなげることをめざしています。

取り組みの概要

本取り組みは、さまざまな医療情報を構造化して収集・蓄積するとともに、構造化されたRWDを患者の治療目的での活用はもちろん、臨床研究や医薬品開発等の用途に合わせた最適な形式で活用するために、生成AI等の新しい技術の開発・導入をめざすものです。医療情報は、各医療機関において厳格に管理・運用されており、基本的に電子カルテのネットワーク外に持ち出すことはできないものであることから、ここで活用する生成AI等についても、オンプレミスで構築するなど、情報セキュリティに十分配慮した形態での利用となります。

① データ収集・蓄積においては、電子カルテに記載されたさまざまな臨床情報から、また、患者への説明や院内カンファレンスにおける音声データ等から、収集すべき臨床項目に合致するデータを探索し、適切な形式で収集し構造化データとして蓄積します。さらに、収集されたデータの適正性について検証し補正すべきデータやデータ欠損についてアラートを発する等により、高品質なデータ収集を実現するとともに、データ収集に係る医療従事者の稼働を軽減します。

② データ活用においては、RWDとして保有する治療効果や有害事象の発生状況等のAI解析に基づく診療方針案を臨床現場にフィードバックし、より良い医療の実現に貢献するとともに、各種報告等に必要となるドキュメントの自動生成を可能とします。さらに、研究機関や製薬企業等の要望に基づくデータ抽出やデータ解析を効率的に行い、臨床研究や医薬品開発を促進します。

関連記事

  1. ドクターズ株式会社、オンライン花粉症対策支援サービス「花粉症ドクター&…

  2. エムネス、エムティーアイの「CARADA 健診サポート」と連携を開始

  3. Healthcare Ecosystemが「ケアエコ」をリニューアル

  4. サイバー攻撃などから医療情報システムを守る『CARADAセキュリティサ…

  5. WHITE CROSS、様々な事業で歯科業界のデジタルトランスフォーメ…

  6. メロディの遠隔分娩監視装置、「日経優秀製品・サービス賞2021」で最優…

最近の記事

PAGE TOP