ロボット

「触覚」を有する手術支援ロボットシステム 「Saroaサージカルシステム」が製造販売承認を取得

リバーフィールド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:只野耕太郎、以下「リバーフィールド」)は東京工業大学(学長:益一哉)ならびに東京医科歯科大学(学長:田中雄二郎)と共同開発を行った手術支援ロボットシステム「Saroa(サロア)サージカルシステム」(以下「Saroa」)の製造販売承認を取得したことを発表しました。

近年、外科手術において術後の回復が早い、傷口が小さいなどの利点から、低侵襲な内視鏡外科手術における手術支援ロボットでの治療が増加の一途をたどっています。手術支援ロボットは、手振れ防止機能や手術に使用する術具(鉗子)に関節があることで精密に操作を行うことができ、外科治療において手術支援ロボットでの治療が今後さらに普及されると予想されています。

リバーフィールドは、東京工業大学と東京医科歯科大学の研究成果の実用化を目指して2014年に創業し、空気圧超精密制御技術を活かした世界初の空気圧駆動型手術支援ロボットを15年以上かけて開発してきました。この空気圧駆動技術により、手術に使用する鉗子にかかる力を検出し、執刀医に触覚(力覚)をフィードバックできます。従来にはなかった触覚(力覚)を有することにより、自分の手で直接手術しているような感覚が得られ、手術の精度がより高くなると期待されています。

手術支援ロボット普及を見据え、リバーフィールドは、患者に寄り添ったロボット開発が必要と感じ、医療現場からのニーズの視点とロボット工学の視点から医療機器の開発を進めてきました。長年の開発による手術支援ロボットが完成し、東京医科歯科大学病院をはじめとする医療機関にて臨床使用をスタートする予定です。対象となる診療科は、胸部外科(心臓外科を除く)、一般消化器外科、泌尿器科、婦人科となります。

関連記事

  1. 「触覚」を有する手術支援ロボットシステム「Saroaサージカルシステム…

  2. アフラック、独自技術による手術支援ロボットを開発するリバーフィールドに…

  3. 次世代型ロボット支援手術システム「CORI」の販売を開始

  4. 順天堂大学とMELTIN、ロボットニューロリハビリテーション機器に関す…

  5. 本邦における「ROSA One ロボットシステム」を活用した初症例の実…

  6. 次世代手術ロボット市場は2030年に8億8,400万米ドルに達すると予…

最近の記事

PAGE TOP