IT

Medii、昨年拡大した日本ベーリンガーインゲルハイムとの連携を更に強化し、医師向けデジタル施策を加速

医師専用オンライン専門医相談サービス「E-コンサル®」を提供する株式会社Medii(本社:東京都新宿区、代表取締役医師:山田裕揮、以下「Medii」)は、日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 医薬事業ユニット統括社長:ヤンシュテファン・シェルド、以下「日本ベーリンガーインゲルハイム」)と2021年から締結している専門医知見最大化に向けた事業提携のさらなる強化を図ることを発表しました。

Mediiでは、患者の診断や対応に悩む医師を、Mediiに登録するエキスパート医師がサポートする、オンライン専門医相談サービス「E-コンサル®」を提供しています。

2021年に間質性肺疾患領域における科学的知見を有する日本ベーリンガーインゲルハイムと提携し、間質性肺疾患をはじめ肺線維症の患者の早期診断と最適な治療へ繋げることを目的に、「E-コンサル®」を活用した取り組みを進めてきました。

取り組みを拡大した2022年には、間質性肺疾患に関する相談件数が飛躍的に伸び、2022年は前年比2.8倍の相談が全国から寄せられ、診断や治療の最適化を促進することができました。

今回、医師への間質性肺疾患の啓発強化に向けた新たなデジタル施策の一つとして、間質性肺疾患の啓発サイトを立ち上げました。

「間質性肺疾患」啓発サイト:https://medii.jp/ILDconsultant

このサイトを通じて、間質性肺疾患の治療方針に苦慮する主治医の先生がいつでもE-コンサルを用いて専門医に相談できる環境を構築し、早期診断と最適治療のさらなる促進に繋げます。

関連記事

  1. 小児健康相談アプリ「キッズドクター」、福岡での夜間往診を開始

  2. てんかん診療のICTサポートアプリ「nanacara」がリリース1周年…

  3. デジタルヘルス市場は、2027年までに4,801億米ドルに達すると予想…

  4. メタバース領域の医療を繋ぐプラットフォーム「Mediverse OCD…

  5. メドピア、4DINと業務提携 病院電子カルテを中心としたリアルワールド…

  6. オンライン診療の普及ランキング、「スクエル」のミーカンパニーが発表

最近の記事

PAGE TOP