医療機器

日本メドトロニック 日本初の経カテーテル肺動脈弁専用デバイス「Medtronic Harmony™ 経カテーテル肺動脈弁システム」の販売を開始

日本メドトロニック株式会社(本社:東京都港区)は、先天性心疾患の術後に起こる肺動脈弁逆流症の治療に用いられる「Harmony(ハーモニー)経カテーテル肺動脈弁システム」(以下、Harmony TPV)の販売を2023年3月2日より開始しました。

Harmony TPVは主に、乳幼児期に自己の右室流出路から肺動脈組織を温存して外科手術を受けた重度の肺動脈弁逆流症の患者に対して、カテーテルを通じて肺動脈弁を留置する日本初の専用デバイスです。肺動脈にフィットするように設計・デザインされた2つのサイズの生体弁と、それを心臓内に送達するためのデリバリーカテーテルシステムのセットから構成されます。外科的手術のリスクが高く、本品による治療が最善であると判断された場合、負担の大きな開胸手術の代わりに、カテーテルに格納された生体弁を、太ももまたは首の小さな切開を介して送達し、心臓の内部に直接留置します。これにより、生涯における開胸手術の回数の減少、入院期間の減少及び術後早期の社会復帰などが期待されます。

日本先天性心疾患インターベンション学会理事である昭和大学病院小児循環器・成人先天性心疾患センター長 富田英特任教授は、「右室流出路再建術を受けた先天性心疾患の典型的な患者さんは、肺動脈弁の問題に継続的に対処するために、生涯にわたって複数回の開心術が必要になります。生涯に渡り必要となる術後フォローアップや外科手術は、患者さんにとって、身体的・精神的あるいは経済的に大きな負担となり、就業や雇用の維持、収入、妊娠・出産、子供の養育、親の介護、老後の生活など各ライフステージにおける日常生活に大きな不安と影響をもたらしています。本品は、そういった患者さんに対してより低侵襲な治療オプションを与えるものであり、より適切な時期に、患者さんにより負担の少ない治療を提供できる可能性をもつ、非常に革新的な治療法として期待できます」と述べています。

関連記事

  1. GEヘルスケア・ジャパン、外科治療領域へとビジネスを拡大

  2. MiiS社製「眼底撮影装置 ライアンスコープ」および「画像解析ソフトウ…

  3. 理想のボディラインをデザインする部分痩せ治療医療機器「クールスカルプテ…

  4. 「True3Dホログラム PreOP」、日本初の医療機器認証を取得

  5. Report Ocean、呼吸器系医療機器市場に関するレポートを発行

  6. オリンパスが高周波焼灼電源装置「ESG-150」を発売

PAGE TOP