医療機器

MiiS社製「眼底撮影装置 ライアンスコープ」および「画像解析ソフトウエア ジュリーアイ」の日本独占販売開始について

クレアボ・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 理一、以下、「クレアボ社」)は、Medimaging Integrated Solution Inc.(本社:台湾新竹市、CEO:鄭竹明博士、以下、「MiiS社」)が開発した眼底撮影装置 ライアンスコープ(以下、「ライアンスコープ」)および画像解析ソフトウエア ジュリーアイ(以下、「ジュリーアイ」)につき、2023年2月より日本での独占販売を開始しました。

ライアンスコープは、自動撮影機能を有する無散瞳かつ軽量のハンディ型の眼底カメラで、簡易操作で眼底写真を撮影・スクリーニングすることが可能です。ジュリーアイは、AI関連技術であるディープラーニング(深層学習)を応用して、ライアンスコープ等で撮影した眼底写真から白斑や出血等の症状を検出し、その結果により経過観察を目的とする検査や専門医による精密検査等の受診を推奨する機能があります。

高齢化社会の進行により、糖尿病網膜症や白内障、緑内障など代表される眼疾患が増加しています。人間は視覚から8割の情報を得ていると言われており、眼の健康はQuality of Lifeの向上に直結する為、眼疾患の早期診断・早期治療を実現する社会システムの形成が重要視されています。

眼底撮影装置 Ryan Scope/ライアンスコープ(認証番号:304ADBZX00087000)
画像解析ソフトウエア Julie Eye/ジュリーアイ(認証番号:304ADBZX00119000)

関連記事

  1. サンワサプライが1本支柱タイプのカルテカート「RAC-HP17」を発売…

  2. サイトパスファインダー、医療分野での技術展開を目指してCF開始

  3. 「hitoe®ウェアラブル心電送信システム」販売開始

  4. SDKI Inc.が人工呼吸器市場に関する新レポートを発刊

  5. シーメンスヘルスケア、AI画像解析ソフトウェア「AI-Rad Comp…

  6. 睡眠計測用のテレメトリー式脳波計「インソムノグラフM2」の医療機器認証…

最近の記事

PAGE TOP