IT

ソラストの医療機関向け外来業務ICT化サービスとして保険証確認・診療費後払いシステム『Sma-pa TERMINAL』などラインナップ決定

株式会社USEN-NEXT HOLDINGS(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:宇野 康秀)のグループ会社である株式会社アルメックス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:馬淵 将平、以下、アルメックス)は、提供する保険証確認・診療費後払いシステム『Sma-pa TERMINAL』をはじめとするDX製品・システムが、株式会社ソラスト(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:藤河 芳一、以下、ソラスト)の医療機関向け外来業務のICT化パッケージサービスのラインナップに決定したと発表しました。

アルメックスは、創業55年以上の歴史の中で大学病院などの大規模病院を中心に20年以上にわたり、医療機関へ自動精算機を提供し続けてきました。業界ではパイオニアとしてNo.1のシェアを誇り、病院のDX化に貢献してきました。

一方、労働力人口減少による医療従事者の人手不足が深刻化しており、2040年には医療・福祉分野の就業者数が96万人不足する見込みであると言われています。また、新型コロナウイルス感染症防止対策に伴う非接触・非対面対応の観点から、さらなるICT活用のニーズが高まっており、医療機関をとりまく環境も年々変化しています。

そうした状況のなか、今回ソラストが開始する外来業務のICT化パッケージサービスへアルメックスの製品・システムがラインナップされることになりました。ソラストが医療事務の受託業務にあわせて保険証確認・診療費後払いシステム『Sma-pa TERMINAL』をはじめとするアルメックスの製品・システムを医療機関へ提案、実際に導入される場合はアルメックスが提供します。

これにより、病院スタッフの事務作業における業務負担軽減や生産性向上、窓口の混雑緩和、非接触・非対面対応を実現し、今後は患者のご案内や受付など、ホスピタリティにより十分な時間を充てられるなど、さらに病院DXを推進していくとしています。

関連記事

  1. 自由診療クリニック特化型のDXツール『B4A(ビーフォーエー)』が資金…

  2. ファストドクター、NTTエレクトロニクステクノ社と提携し医療情報の連携…

  3. 健康情報を医師と利用者が共有できるアプリ「HOSPILINK」提供開始…

  4. ジャストシステム、医療向け日本語入力システムと統合ソフトを6月発売

  5. 日本ストライカー、可動式CT装置「AiroモバイルCT」を発売

  6. 遠隔医療プラットフォーム「リーバー」、利用者100万人を突破

最近の記事

PAGE TOP