ロボット

インテュイティブサージカル、日本初のシングルポート内視鏡手術支援ロボット「ダビンチSPサージカルシステム」の販売を開始

低侵襲治療の世界的リーダーで内視鏡手術支援ロボット分野のパイオニアであるインテュイティブサージカル(NASDAQ:ISRG)の日本法人、インテュイティブサージカル合同会社(社長:滝沢一浩)は、ダビンチサージカルシステムの新製品「ダビンチSPサージカルシステム(以下、ダビンチSP)」の販売を、2023年1月31日付けで開始したと発表しました。

「ダビンチSP」は、内視鏡手術支援ロボットでは日本初となる、ロボットアームが1本のみのシングルポートシステムで、従来のマルチポートシステムでは複数必要となる体表のインシジョン(切開創)が、
「ダビンチSP」では最少「1つ」になることで、内視鏡下手術に伴う患者さんの体への負担の更なる軽減、および、整容性が期待できます。また、機器の特性上、小切開で体腔内の深く狭い術野および組織へのアクセスが可能となっています。日本は米国、韓国に次ぐ3ヶ国目の導入市場となり、2022年9月22日付けの製造販売承認取得を経て、1月31日の販売開始となりました。

「ダビンチSP」 の主な特徴

  • ロボットアームに取り付けられた直径2.5cmのカニューラと呼ばれる筒から、カメラ(内視鏡)と3本のインストゥルメント(専用鉗子)を体腔内に挿入して手術を行う
  • ロボットアームは360度回転が可能なため、体腔内の様々な臓器にアクセス可能
  • カメラにはダビンチサージカルシステム初となる手首関節を搭載。3Dハイビジョンで、執刀医に鮮明な術野画像を提供
  • カニューラから体内に挿入されるインストゥルメントは、狭い術野内でもインストゥルメント同士が干渉しないよう多方向に柔軟に屈曲

関連記事

  1. ブレインラボの脳神経外科手術用「Curve2 ナビゲーションシステム」…

  2. ローカル5G×ロボット×AIを活用した医療インシデント削減の実証実験を…

  3. アフラック、独自技術による手術支援ロボットを開発するリバーフィールドに…

  4. グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン、次世代医療「リハビリロボッ…

  5. アキュレイ高精度放射線治療装置サイバーナイフシステムとブレインラボ社定…

  6. 藤枝市立総合病院、低侵襲手術室の増築工事が完了

最近の記事

PAGE TOP