ロボット

北里研究所病院、最新の外科手術支援ロボット「ヒューゴ」を国内初導入

学校法人北里研究所 北里大学 北里研究所病院(以下、同院)は、2023年1月7日に最新の外科手術支援ロボットである「Hugo™️ RAS システム(以下、ヒューゴ)」を導入しました。なお、ヒューゴの導入は国内の医療機関としては初となります。

ヒューゴは、2022年12月8日より販売が開始された、国内最新の外科手術支援ロボットです。ヒューゴは泌尿器科、婦人科における腹腔鏡手術に使用されます。当院の腹腔鏡手術においては、2007年内視鏡手術センター開設以来今日まで外科をはじめ泌尿器科、婦人科にて多くの腹腔鏡手術を行ってきましたが、ヒューゴの導入により、出血量や術後の疼痛も少なく入院期間が短縮するなど、多くの患者さんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を向上させる事が期待できます。

ヒューゴ導入にあたって、同院院長 渡邊 昌彦 氏は次のように述べています。

「当院は、「心ある医療」(患者さま中心の全人的医療)という理念の下、先進的で良質な医療を提供するため2007年より内視鏡手術センターを開設し、様々な分野で低侵襲手術を積極的に導入して参りました。今回、内視鏡手術を進化させるため最新鋭手術支援ロボット ヒューゴを導入いたしました。これにより、これまで以上に患者さんに最高水準の安全で精密な治療を提供して参ります。」

関連記事

  1. 国産手術ロボットを遠隔で実演

  2. 次世代型ロボット支援手術システム「CORI」の販売を開始

  3. インテュイティブサージカル、ダビンチ手術のリモート症例見学プログラム本…

  4. 動力アシスト機能付きパワード義足「Bio Leg®」、米国食品医薬品局…

  5. 藤田医科大学病院でスマートホスピタル実現に向けたサービスロボット実証実…

  6. ローカル5G×ロボット×AIを活用した医療インシデント削減の実証実験を…

最近の記事

PAGE TOP