医療機器

iMU株式会社 歩行解析計 iMU One の医療機器製造販売届出を完了

慶應義塾大学医学部発のヘルスケア・スタートアップ iMU株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:名倉武雄、以下:iMU)は、5mほど歩くだけで簡易・迅速・安価に膝への負担を可視化する「 歩行解析計 iMU One 」 について、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)への医療機器製造販売届出を2022年12月8日付で完了しました。この届出は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(医薬品医療機器法等)に基づき行われたものです。

iMUは、慶應義塾大学医学部整形外科学教室バイオメカニクス研究室の研究成果を社会実装するために設立され、変形性膝関節症(以下:膝OA)の予後を反映するとされる”膝内反モーメント KAM( Knee Adduction Moment )”を利用することにより、膝OAのリスク予測や、リハビリ・日常生活における膝保存のためのアドバイスの提供を目指し製品開発に取り組んできました。今回、ファースト・プロダクトとなる「歩行解析計 iMU One」を開発し、医療機器製造販売届出を完了しました。今後、医療機関への販売や、KAMの普及に向けた取り組みを加速するとしています。

関連記事

  1. オリンパス、朝日インテックとガイドワイヤ「Fielder18」の独占販…

  2. CYBERDYNEの医療用HAL、シンガポール保健科学庁より医療機器の…

  3. 市場調査レポートのREPORT OCEAN、世界の電子医療機器市場を分…

  4. SDKI Inc.が世界の電気医療機器市場に関する新レポートを発刊

  5. 「スマート脳ドック」の仕組みを活用した、世界初のMRIシェアリングエコ…

  6. 新東工業、排泄ケアの負担を軽減する「Aiserv排泄検知システム」を販…

最近の記事

PAGE TOP