ロボット

メドトロニック 外科手術で使用する「Hugo™️ 手術支援ロボットシステム」の販売を開始

日本におけるメドトロニックの 3 法人のひとつであるコヴィディエンジャパン株式会社(本社:東京都港区)は、「Hugo™️ 手術支援ロボット システム(Hugo=ヒューゴ 以下、Hugo RAS システム)」の製造販売承認を2022年9月27日に取得し、同製品は同年11月1日より保険収載されました。2022年12月8日より販売を開始します。販売開始時の当該機器における対象は泌尿器科および婦人科の手術です。

Hugo RAS システム は、メドトロニックが持つグローバルのネットワークを活かし、世界中の外科医や病院の経営者の意見をデザインに反映させ、そこにこれまで外科手術領域で60年に渡り培ってきた知識や経験、そして開腹及び鏡視下手術で使われているテクノロジーを融合することで、更に手術のアウトカム向上につながるロボットアシスト手術を目指し開発されました。

手術室内の可動性を高めるアーム一本単位での位置調整が可能なデザインを持つHugo RAS システムは、それぞれが独立したアームのため、症例や患者に応じて柔軟な配置が可能です。また術者が見ている操作画面を複数人で同時に確認できるオープンコンソールを採用することにより、手術室スタッフとのコミュニケーションも容易になります。

大阪赤十字病院 病院長、及び日本内視鏡外科学会 理事長の坂井義治先生は「ロボット手術は2012年の前立腺手術の保険適用から10年で5つの専門領域において25以上の手術が保険適用となり発展の目覚ましい領域です。外科手術において長らく培ってきたエビデンスのある手術手技と、手術支援ロボットならではのテクノロジーを共に活かすことで更なるロボット手術の発展が期待でき、患者さんの身体的負担軽減と治療結果の向上を目指す我々外科医にとって喜ばしい事です。」と述べています。

関連記事

  1. 次世代手術ロボット市場は2030年に8億8,400万米ドルに達すると予…

  2. 藤田医科大学病院でスマートホスピタル実現に向けたサービスロボット実証実…

  3. リバーフィールド、ニプロ社と「眼科手術支援ロボット」の独占販売契約を締…

  4. 藤枝市立総合病院、低侵襲手術室の増築工事が完了

  5. 横浜市立大学附属病院、ロボティックアーム手術支援システムを保険適用

  6. 日本メドトロニック 脊椎手術用手術支援ロボット「Mazor X ロボッ…

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP