IT

株式会社MG-DXが提供する オンライン調剤サービス「薬急便」と薬歴アプリDrugstarPrimeが連携

東日本メディコム株式会社(本社:埼玉県行田市斎条128、代表取締役社長:松本 運造。以下「東日本メディコム」)は、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田 晋。東証プライム市場上場:証券コード4751)の連結子会社で、 調剤事業のDXを支援する株式会社MG-DX(本社:東京都渋谷区渋谷、代表取締役社長:堂前 紀郎。以下「MG-DX」)と締結したパートナーシップに基づき、両社の提供するサービスが、患者情報を共有し双方向で連携できる機能を、2022年12月より順次リリースします。

第一弾のリリースでは、オンライン調剤サービス(オンライン服薬指導・処方せん事前送信・電子お薬手帳サービス)「薬急便®」(以下、「薬急便」)と、薬歴アプリDrugstarPrimeが双方向で連携することにより、薬急便の受付画面から DrugstarPrimeの患者薬歴画面を、DrugstarPrimeの薬歴画面から薬急便の患者受付画面をシームレスに開き、双方が持つ患者の情報に、容易にアクセスできるようになります。

さらに、薬急便で「患者フォローアップ」を実施した際に取得した情報を、Primeの薬歴にそのままコピーすることもできるため、フォローアップにより発生する薬歴記載の負担を軽減することができます。今後、オンライン服薬指導の問診票についても、同様の連携機能リリースを予定しています。

また、東日本メディコムは、クロスケアフィールド株式会社が展開する「地域包括ケア支援システム ナラティブブック」などとも連携し、患者さんの日々の生活情報、多職種が専門的知見に基づいて見守る情報を共有するプラットフォームを構築することで、医療機関・薬局の連携強化と、フォローアップ支援に取り組んでいます。

関連記事

  1. バッファロー、神戸協同病院のコロナ病棟に遠隔診療向けカメラを導入

  2. 容易にオンライン診療を開始できる「SOKUYAKU ASP」提供開始

  3. ニプロとNTTドコモなど、新城市で5Gによる遠隔診療・リハビリ指導の実…

  4. 「コールドクター」がミクシィ社と資本提携

  5. 在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」が「homis」…

  6. 医療現場の長時間労働をRPA導入で解消!コロナ禍で遅れた「医師の働き方…

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP