イベント

【無料ウェビナー】生体情報と医療DX ~デジタルヘルスの最前線~

アスタミューゼ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 永井歩)は、「未来推定」の手法により導出したデジタルヘルス領域で伸びる技術やプレイヤーについて解説する無料ウェビナー「生体情報と医療DX~デジタルヘルスの最前線~」を開催します。

このような方にオススメ

デジタルヘルス領域に新規事業を検討している方
デジタルヘルス領域で事業をされている方
デジタルヘルス領域における戦略に悩まれている方

未来推定とは

アスタミューゼでは、技術とそれを生み出すイノベータに関する豊富なデータベースを保有しており、テキストマイニングによって特徴的なキーワードを抽出することで、既存の延長線上には留まらない破壊的な技術や、それらを有するプレイヤーを導出しており、これらを「未来推定」と指しています。

デジタルヘルスの未来予測について

IoTやAI、ビッグデータ解析などを基盤とするDXの推進により、多様な業界において、これまで実現困難だった新たな体験価値の創出と提供が図られています。このことは、医療やヘルスケア分野においても、顕著に現れています。

例えば、ウェアラブル機器など家庭でも使える生体情報センサデバイスが普及したことで、体温や血圧、心電図、活動量や睡眠状態、血中酸素飽和度、脳活動状態などの日常的な健康状態記録(ライフレコード)が手軽に得られるようになりました。日々の生体データの微妙な変調を察知することで、これまでより早期に的確な受診をすることが可能となり、疾病リスクのさらなる低減につながるのです。

さらには、脳から指令のあった手足の動きを再現するインテリジェント義肢への利用や、腸内細菌叢と疾病リスクの相関解析、ビッグデータを用いた有機化合物のマテリアルインフォマティクス(MI)、パンデミックワクチンなどAI創薬にも威力を発揮すると期待されています。

このような多様な拡がりを見せているデジタルヘルスですが、この先、関連業界においてどのようなパラダイムシフトを起こし得るでしょうか?

また、そのような変化を引き起こす破壊的な技術 / プレイヤーとして、具体的にどのようなものが挙げられるでしょうか?

今回のウェビナーでは、そのような「未来推定」の手法により導き出された、中長期的にプレイヤーチェンジを起こす可能性のある動きの一端をご紹介できればと思います。

参加方法

下記URLよりエントリー
https://us02web.zoom.us/webinar/register/9816660924452/WN_RZ7ODDazTGutHOuS413Fgw

関連記事

  1. 医療機器の展示会「Medtec Japan」、2021年4月に東京ビッ…

  2. 「横浜オープンイノベーションEXPO2021」セミナー情報を公開!11…

  3. 「デジタルセラピューティクス(DTx)の最前線」と題して、(株)日本総…

  4. VDが「第7回 病院設備・医療機器 EXPO」にウイルスディフェンダー…

  5. フロッグウェルがウェブセミナー「医療オープンデータとその活用方法」を開…

  6. エムティーアイ、オンライン診療実施を検討している医療機関向けのセミナー…

最近の記事

PAGE TOP