ロボット

フィンガルリンク株式会社 歩行アシストロボット「OrthobotⓇ」(オルソボット)の無線タブレットタイプを販売開始

フィンガルリンク株式会社(本社:東京都 代表取締役:名郷根 正昭)は歩行学習支援ロボット「OrthobotⓇ」オルソボット(メーカー:京都府 サンコール株式会社)の新型となる「無線タブレットタイプ」の販売を2022年10月より開始します。

「OrthobotⓇ」(オルソボット)は、実用性を追究し開発した歩行学習支援ロボットです。専用の長下肢装具にセットし、使用することで、装着者の歩行を本来あるべき歩行運動に誘導することができます。今回発売した「無線タブレットタイプ」は、タブレットの採用で操作性と歩行状態の確認・保存が可能となり、本体の軽量化も行い、装着性とリハビリ時の使用感も向上した新モデルとなります。現行機の操作パネルは、バッテリーも含め、腰に装着するタイプのため、装着者の腰への負担となっていました。この操作パネルを切り離して無線タブレット化、腰への装着は小型バッテリーのみとしたことにより、トレーナーが装着者から離れた位置でタブレット操作し、リハビリ指導を行うことが可能となります。このタブレット画面では、足の動きを表示でき、歩容をわかりやすく可視化することで、問題点がよりクリアになり、装着者のモチベーションアップにもつながる。また、タブレットに記録したデータを分析することも容易となりました。

関連記事

  1. 藤枝市立総合病院、低侵襲手術室の増築工事が完了

  2. 次世代型ロボット支援手術システム「CORI」の販売を開始

  3. 毎年11%成長を予測。レポート「ロボット手術システムの世界市場2021…

  4. 「MELTz 手指運動リハビリテーションシステム」が日本における医療機…

  5. 次世代手術ロボット市場は2030年に8億8,400万米ドルに達すると予…

  6. 日本メドトロニック 脊椎手術用手術支援ロボット「Mazor X ロボッ…

最近の記事

PAGE TOP