AI

EIRL Brain Segmentation、頭部CT画像から高吸収/低吸収領域及び組織構造・境界の不明瞭化がみられる領域の抽出・表示が可能となった新モデルをリリース

エルピクセル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:鎌田富久、島原佑基、以下「エルピクセル 」)は、2021年5月に発売開始した頭部CT画像から頭蓋内において周囲より高吸収の領域を抽出・表示する EIRL Brain Segmentationについて、周囲より低吸収の領域及び組織構造もしくは組織境界の不明瞭化が見られる領域の抽出・表示機能を追加した新モデルをリリースしました。

新モデルは「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」に基づき、2022年8月25日に指定管理医療機器の製造販売認証(認証番号:303AGBZX00043Z00)を取得しています。本製品は、CTやPACS(医用画像管理システム)に接続することで、頭部CT画像から頭蓋内の高吸収領域、低吸収領域及び組織構造もしくは組織境界の不明瞭化が見られる領域を自動で抽出し、医師の手元のビューワー等に抽出した領域を出力することが出来ます。エルピクセルでは、専門医や熟練医が不在となりやすい二次救急や夜間の救急医療において、医師の物理的・心理的負担の軽減に寄与する医用画像解析ソフトウェアEIRLシリーズの研究・開発に注力し、拡充を図っていくとしています。

関連記事

  1. NECとBostonGene、AI分析でがん患者の個別化治療を支援

  2. 「Brain Life Imaging」、東京・新宿の5クリニックに導…

  3. 千葉大発の医療ベンチャー、脳卒中AI予測診断の研究論文が英科学誌に掲載…

  4. 処方箋読取サービス「mediLab AI」、読取精度などを学会発表

  5. FRONTEOが「会話型 認知症診断支援AIプログラム」の臨床試験を予…

  6. 帝京大学研究グループら、生活習慣病因子の因果関係を推定できるAIを開発…

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP