IT

カーライル、デジタル療法を提供するCureAppへのマイノリティー成長投資を実施

世界有数の投資会社であるカーライル(本社:米国ワシントンD.C.、日本代表:山田和広、以下「カーライル」)は、日本のMedTech(医療テクノロジー)企業でDTxのリーディングカンパニーである株式会社CureApp(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐竹晃太、以下「CureApp」)へのマイノリティー出資を行い、両社は戦略的提携を発表しました。

本件はCureAppのシリーズGの資金調達にあたりカーライルによる投資額は約70億円です。これによりCureAppの累計資金調達額は約134億円となりました。なお、カーライルは投資実行後にCureAppに取締役1名を派遣しています。

2014 年に 2 名の医師によって設立された CureApp は、DTxの研究開発に特化した、急速に成長している日本の MedTech 企業の 1 社です。CureAppの高血圧症向けDTxは、2022 年 4 月に日本で規制当局の薬事承認を取得しました。高血圧領域では世界初の事例です。同社のニコチン依存症向けDTxは、2020年に日本で初めて規制当局に薬事承認され保険適用を受けました。CureAppは、デジタル技術を使用して医療を進化させることに注力しており、現在、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)、アルコール依存症、がん、慢性心不全の領域においても医師が処方するDTx(PDT:Prescription Digital Therapeutic)の研究開発に取り組んでいます。

本件を通じてカーライルは、CureAppの高血圧症向けDTxの展開およびDTxの開発パイプラインの拡充をサポートします。またCureAppは、今後カーライルのグローバルなヘルスケア分野における実績・知見を活用し、日本および海外で販売・流通ネットワークの拡充と、マーケティングや製品開発プラットフォームの強化を行います。

関連記事

  1. アプリ上で疑似診療体験!医学生のための学習プラットフォーム「ポケクリ」…

  2. 認知行動療法アプリ「Awarefy」、企業のメンタルヘルス向上にも貢献…

  3. オンライン診療サービス「curon」、患者向けアプリをリニューアル

  4. 裸眼3D立体視 SpatialLabsテクノロジー活用事例を本日公開!…

  5. メドピア、4DINと業務提携 病院電子カルテを中心としたリアルワールド…

  6. メディカルフォース、自由診療特化クラウドの事前申し込みを受け付け中

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP