IT

日本ストライカー、可動式CT装置「AiroモバイルCT」を発売

患者の体位を変えることなく頚椎から骨盤まで撮影可能

日本ストライカー株式会社(以下、日本ストライカー)が、可動式CT装置「Airo(アイロ)モバイルCT」を発売したと、4月19日に発表しました。

同可動式CT装置は、同社初の手術室内で使用できる可動式CT画像診断装置です。

装置全体のサイズが高さ約2メートル、幅約2.3メートル、奥行約60センチメートルで、装置全体のサイズは高さ約2メートル、幅約2.3メートル、奥行約60センチメートルで、手術室内の通常電源供給のみで1メートルを約40秒でCT撮影できるため、患者の体位を変えることなく頚椎から骨盤まで撮影が可能。モーター付きの車輪によって、手術室へのスムーズな搬出入ができます。

手術器械の位置情報を計測・表示するシステムと連動

「AiroモバイルCT」は、赤外線カメラで手術器械の位置情報を計測・表示するナビゲーションシステム「ストライカーNAV3i(ナブスリーアイ)プラットフォーム」と連動。血管損傷などの合併症リスクの低減にも寄与します。

日本ストライカーは今後、脊椎手術だけでなく、脳神経外科での開頭手術など、幅広い疾患領域において、同可動式CT装置への潜在ニーズに対応することも視野に入れています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本ストライカー株式会社
https://www.stryker.com/jp/ja/index.html

日本ストライカー株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000041759.html

関連記事

  1. LINEヘルスケアら、糖尿病の治療支援する「糖尿病@LINEヘルスケア…

  2. ファストドクター、年末年始も救急オンライン診療などで地域医療をサポート…

  3. ネクイノ、婦人科特化型オンライン診察アプリから国内未承認ピルの情報を提…

  4. ハイテクインター、手術モニタリングなどを可能にする4Kエンコーダ・デコ…

  5. 遠隔医療市場に関する調査を実施(2021年)

  6. 東京医科歯科大学医学部附属病院、オンラインセカンドオピニオン外来を開始…

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP