AI

FRONTEOがAI医療機器・ヘルスケアソリューションをAWS上で展開へ

アマゾンウェブサービスジャパン合同会社と連携

株式会社FRONTEO(以下、FRONTEO)が、「Amazon Web Services(以下、AWS)」上でのAI医療機器・ヘルスケアソリューションの展開に向けて、開発を開始したと3月16日に発表しました。

「AWS」はAmazon Web Services社の提供するクラウドプラットフォームです。今回、アマゾンウェブサービスジャパン合同会社と連携し、アマゾンウェブサービスジャパン合同会社が提供する「AWS」上で、AI医療機器・ヘルスケアソリューションを展開するための開発を開始しました。

これにより、全国の医療機関に対して、高いセキュリティレベルを担保した上で、安定的な配信・流通が可能になることが期待されています。

自由記述のテキストデータや発話内容使用傾向などの解析

FRONTEOが開発に取り組むAI医療機器・ヘルスケアソリューションには、独自の自然言語解析AIである「Concept Encoder」が採用されており、自由記述のテキストデータや発話内容・言葉の使用傾向などの解析・活用することを目的人2018年に開発されました。

テキスト以外のデータ共解析も可能で、ライフサイエンス領域に蓄積されてきた遺伝子発現情報・バイタルや、各種検査値などの数値データとの共解析研究が進められています。

(画像は株式会社FRONTEO ホームページより)

▼外部リンク

株式会社FRONTEO
https://www.fronteo.com/

株式会社FRONTEOのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000448.000006776.html

関連記事

  1. 千葉大発の医療ベンチャー、脳卒中AI予測診断の研究論文が英科学誌に掲載…

  2. FRONTEOが医学論文探索AIソフトウェアで特許を取得

  3. がん検診の研究などを推進。AIで細胞を高速解析・処理するCYBO、60…

  4. 【国立研究開発法人で初導入】脳の健康状態を“見える化”。認知機能低下の…

  5. NECとBostonGene、AI分析でがん患者の個別化治療を支援

  6. 富士フイルム、医療クラウドサービスを開始

最近の記事

PAGE TOP