IT

アルムが医療関係者間コミュニケーションアプリにWeb会議機能を搭載

「Join」に新しくWeb会議機能を追加

株式会社アルム(以下、アルム)が、医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」にWeb会議機能を搭載したと、2月3日に発表しました。

「Join」は日本初の医療機器プログラムとして認証および保険収載されている、医療関係者間コミュニケーションアプリです。

アルムは今回、同アプリにセキュアな環境でDICOM規格の医用画像を共有し、多拠点間でWeb会議を可能にする機能を世界で初めて搭載しました。

院外の医師へのコンサルテーションツールとして活用も

「Join」は、夜間休日などに院外にいる医師へのコンサルテーションツールとして活用されているほか、救急患者の転院時の病院間連携・情報共有などにも利用されています。

また、医用画像データが端末に保存されないことや、院内システムとクラウド間のVPN接続による暗号化などといった高度なセキュリティ対策があることも特徴の1つとなっています。

アルムは同アプリへのWeb会議機能の搭載で、医療者間の遠隔カンファレンスでの利用や、「D to P with D(Doctor to Patient with Doctor)」型オンライン診療などにも活用されることを目指しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社アルム プレスリリース
https://www.allm.net/2022/02/03/15280/

株式会社アルムのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000044577.html

関連記事

  1. オンライン診療の普及ランキング、「スクエル」のミーカンパニーが発表

  2. CureApp、ベンチャー企業の経営者を称える表彰制度で経済産業大臣賞…

  3. プロ・フィールドが自由診療特化の電子カルテ「ACUSIS」で新機能をリ…

  4. ニューハート・ワタナベ国際病院、ネットによる「Apple Watch外…

  5. 日本BD、スマートフォンアプリ「BD 糖尿病ケア アプリ」の提供を開始…

  6. ファインデックスが大規模病院向けのオンライン診療サービスをリリース

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP