AI

Ubie、「ホームページAI相談窓口」を医療機関へ無償提供開始

発熱患者の適切な振り分けを支援

Ubie株式会社は、2022年1月25日、同社のAIサービス『ホームページAI相談窓口』について全国の病院/クリニックへの無償提供を開始しました。

『ホームページAI相談窓口』は、医療機関のホームページ上で問診を実施できるサービス。今回の無料提供はコロナ禍に対応した措置であり、発熱患者の適切な振り分けや滞在時間の短縮などが支援されます。

医療崩壊が起こりつつある現状を憂慮

同社は、AIをコア技術とするサービスを医療機関へ提供しているヘルステックスタートアップです。生活者向けの『ユビーAI受診相談』や医療機関向けの『ユビーAI問診』などにより、適切な医療への案内や医療現場の業務効率化を支援しています。

同社は、新型コロナウイルス感染症のオミクロン株によって病院/クリニックでは来院患者が急増し、医療崩壊が起こりつつある現状を憂慮。より多くの患者を受け入れられる体制の構築と、スタッフと患者の院内感染防止を支援すべく、今回の『ホームページAI相談窓口』無償提供を決定しました。

導入/設置の費用も無料

『ホームページAI相談窓口』は、医療機関のホームページ上にて問診を実施し、症状の事前把握と患者振り分けを実現するサービスです。新型コロナの関連症状が確認できる場合は適切な対応を取ることが可能であり、また問診時間の短縮により院内感染リスクを低減することもできます。

なお、医療機関において『ホームページAI相談窓口』は、導入/設置の費用も無料となっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Ubie株式会社
https://ubie.life/

【緊急提供】第6波を受け、全国の病院・クリニックへ「ホームページAI相談窓口」の無償提供を開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

関連記事

  1. FRONTEOが「会話型 認知症診断支援AIプログラム」の臨床試験を予…

  2. 「EndoBRAIN-EYE」機能強化版、薬機法の一部変更承認を取得

  3. アストラゼネカとUbie、慢性閉塞性肺疾患と慢性心不全のAI問診で協業…

  4. AI搭載の内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN」シリーズ…

  5. がん検診の研究などを推進。AIで細胞を高速解析・処理するCYBO、60…

  6. AI歩行分析アプリ「Sportip Pro」、側面からの分析機能を追加…

最近の記事

PAGE TOP