医療機器

SDKI Inc.が新レポート「世界の凝固分析装置市場 – 予測2022-2030年」を発刊

市場価値が50.0億米ドルになるとの推定も

SDKI Inc.が、新レポート「世界の凝固分析装置市場 – 予測2022-2030年」を11月15日に発刊しました。

同レポートにおいて、血液凝固障害の発生率の増加やビタミンKの欠乏、肥満などにつながるライフスタイルの変化が、血液凝固につながり、そういった背景から凝固分析装置に対する需要が高まっていると指摘しました。

また、ライフスタイル関連疾患や慢性血液疾患、心血管疾患に苦しむ人口ベースの増加などが、凝固分析装置市場の成長を促進すると予想。同市場価値は2022年の33.9億米ドルから、2030年までに50.0億米ドルに達すると推定しました。

市場シェアの点で北米地域が世界をリード

同市場は診断、製品別(臨床検査室、消耗品、試薬、PoCT、手動、自動)、テスト別(プロトロンビン時間テスト、フィブリノーゲン、APTT、活性化凝固時間テスト、活性化部分トロンボプラスチン時間テスト、Dダイマー、血小板機能テスト、抗因子XAテスト、ACTのヘパリンとプロタミン用量反応テスト、そのほかの凝固テスト)、テクノロジー別(光学、機械、電気化学)、エンドユーザー別(臨床研究所、病院)、そして地域別に分割され、さまざまな要因に基づきサブセグメントとしてさらに細かく分類されています。

地域別においては、診療所や病院の数が増えていることや、医療インフラストラクチャが十分に確立されていることから、市場シェアの点で北米地域が世界をリードすると予想されました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SDKI Inc. 世界の凝固分析装置市場
https://www.sdki.jp/

SDKI Inc.のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001392.000072515.html

関連記事

  1. 血管内治療のイノベーションを目指すGlobal Vascular社、D…

  2. 市場調査レポートのREPORT OCEAN、世界の電子医療機器市場を分…

  3. TENTIALの「BAKUNE」シリーズのリカバリーウェアの全タイプが…

  4. 研究開発型スタートアップのAMIが計7社より総額9.1億円の資金調達

  5. インジケーター自動検査アプリ「クラウドインジケーター」、各メーカーに対…

  6. SDKI Inc.が気管切開製品市場に関する新レポートを発刊

最近の記事

PAGE TOP