IT

SDKI Inc.が世界の手術器具追跡システム市場に関するレポートを発刊

市場価値が544.5百万米ドルになるとの推定も

SDKI Inc.が、世界の手術器具追跡システム市場の成長に必要な統計的や、分析的アプローチなどを調査し、その結果を新レポートとして11月8日に発刊しました。

同システムにより病院の備品・デバイスの置き忘れや紛失、機器の流れの不均一などを改善。病院が各機器を追跡するのに役立つため、損失削減につながり、予測期間中に手術器具追跡システム市場の成長が進む要因だと考えられています。

また、2022年から2030年までの予測期間中に同市場価値が544.5百万米ドルになると推定されました。

アジア太平洋地域が市場シェアの点で世界をリード

同市場は診断、技術別(バーコードおよび無線周波数識別)、コンポーネント別(ソフトウェア、ハードウェアとサービス)、エンドユーザー別(病院、その他のエンドユーザー)、そして地域別に分割され、さまざまな要因に基づきサブセグメントとしてさらに細かく分類されています。

地域別におけるアジア太平洋地域は、高い設備投資能力を生み出す強い経済と広範な産業によって、同市場シェアを世界的にもリードすると予想されました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SDKI Inc. 世界の手術器具追跡システム市場
https://www.sdki.jp/

SDKI Inc.のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001375.000072515.html

関連記事

  1. 医療相談アプリ「LEBER」、新型コロナワクチンの副反応に関する相談機…

  2. アトピー画像共有アプリ「アトピヨ」、毎月15日にユーザーヒアリングを開…

  3. Healthcare Ecosystemが「ケアエコ」をリニューアル

  4. CambrianRobotics、AC&Mと医療機関向けモニタリングシ…

  5. 「SmartNews」、接種時期などを通知する「新型コロナワクチンチャ…

  6. 凸版印刷、遠隔医療相談アプリ「リーバー」の販売を開始

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP