医療機器

SDKI Inc.がリンパ浮腫診断市場に関するレポートを発刊

2030年までの予測期間中に成長率7.4%に

SDKI Inc.が、新レポート「リンパ浮腫診断市場 – 世界的な予測2030年」を、9月21日に発刊しました。

同レポートにおいて、癌とリンパ浮腫の世界的な有病率の増加や、画像診断モダリティの技術的進歩などが、リンパ浮腫診断市場の成長をけん引すると考えられており、2022年から2030年までの予測期間中に市場価値が48.9百万米ドルに達すると予想もされました。

また、官民組織による投資、資金、助成金の増加もみられることから、予測期間中に成長率7.4%になる予想もされています。

ヨーロッパのリンパ浮腫診断市場が最大シェアに

同市場は診断、技術別(リンパシンチグラフィー、磁気共鳴画像法、超音波画像法、コンピューター断層撮影法、X線リンパ管造影法、バイオインピーダンス分析、および近赤外線蛍光画像法)、疾患タイプ別(癌、循環器疾患、炎症性疾患、その他)、エンドユーザー別(病院、診断センター、研究所・学術機関)、そして地域別に分割され、さまざまな要因に基づきサブセグメントとしてさらに細かく分類されています。

慢性疾患や怪我の発生率の上昇、および早期診断と治療に対する需要の高まりによって、ヨーロッパのリンパ浮腫診断市場が成長しており、2019年には世界市場で2番目に大きなシェアを占めました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SDKI Inc. Lymphedema Diagnostics Market
https://www.sdki.jp/

SDKI Inc.のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001169.000072515.html

関連記事

  1. がんリスク検査サービス「miSignal」、2022年2月より提供へ

  2. QDレーザが「小型マルチカラーレーザ光源」などを発売

  3. アルケア、気管内チューブ固定具など6製品の国内独占販売権を取得

  4. Report Ocean、呼吸器系医療機器市場に関するレポートを発行

  5. ナユタが医療機器用リチウム蓄電装置「ME3000」をリリース

  6. 市場調査レポートのREPORT OCEAN、世界の電子医療機器市場を分…

最近の記事

PAGE TOP