IT

オンライン診療・服薬指導サービス「SOKUYAKU」、決済手段に「コンビニ後払い」を追加

クレジットカードの登録が不要

ジェイフロンティア株式会社は、医療機関、薬局向けのオンライン診療・服薬指導サービス「SOKUYAKU」で、新たな決済手段として「コンビニ後払い」を追加したことを発表しました。

これまで、「SOKUYAKU」では、オンライン診療・服薬指導の受診、処方薬の購入にはクレジットカード決済のみの扱いだったところ、今回、「コンビニ後払い」も選択可能となりました。

これにより、クレジットカードの登録がなくても、コンビニからオンライン診療・服薬指導の受診、処方薬の購入にかかる料金の支払いが可能になり、クレジットカードを持たない場合や手間なく利用を開始したい場合に、より気軽に、「SOKUYAKU」のサービスを利用できるようになります。

決済可能なコンビニエンスストアは、「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」「デイリーヤマザキ」「ミニストップ」「ポプラ」「コミュニティ・ストア」「セイコーマート」「生活彩家」「くらしハウス」「スリーエイト」「はなますクラブ」などです。

オンラインで診療と服薬指導、処方薬の宅配も

「SOKUYAKU」は、オンライン診療から服薬指導、処方薬の宅配までを「ワンストップで提供するサービスプラットフォーム」です。

これまでのオンライン診療では、処方箋が郵送で到着するまで時間がかかり、また患者が調剤薬局へ行く必要がありましたが、「SOKUYAKU」では、医師の診察、処方箋の送付、薬剤師の服薬指導までをオンラインで行い、薬を宅配するので、患者にとって非常に便利なシステムです。

また、オンライン診療では病院・クリニックがシステム導入コストを負担するケースがほとんどで、十分に普及していない現状では重い投資となっていましたが、「SOKUYAKU」は、病院・クリニックは費用負担なく導入できるのもメリットです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ジェイフロンティア株式会社 プレスリリース
https://jfrontier.jp/pressrelease/18589/

関連記事

  1. OPExPARKが「OPeDrive」の販売を開始

  2. ダイコーの抗原検査キット、結果管理アプリで医師への相談サービスを開始

  3. 医療相談アプリ「LEBER」の累計利用者数が約13.9万人に

  4. 高速応答FAQ「Helpfeel」、サイト「在宅がんウィット」が導入

  5. ノーススターと国際自動車、救急病院までのタクシー配車サービスを開始

  6. ファストドクター、新型肺炎の自宅療養患者にパルスオキシメーターを無償貸…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP