医療機器

SDKI Inc.が新レポート「外科用開創器市場 – 予測2030年」を発刊

市場価値が36.1億米ドルになるとの推定も

SDKI Inc.が、新レポート「外科用開創器市場 – 予測2030年」を9月10日に発刊しました。

同レポートにおいて、外科用開創器市場は、主に外科手術の数の増加や、特殊なアプリケーション固有となる収縮製品の利用可能性増加などが要因となり、2022年から2030年までの予測期間中に同市場価値が36.1億米ドルになると推定されました。

また、アジア太平洋地域は、予測期間中に世界の外科用開創器市場で高い成長率になると予想。これも同市場の成長が進む要因だとされています。

首、首と脊椎のセグメントが高い成長率に

同市場は診断、製品別(ハンドヘルド、自己保持、テーブルマウント、ワイヤー)、デザイン別(固定、角度付き、高架)、アプリケーション別(腹部、心臓胸部、整形外科、産科と婦人科、一般外科、頭、首と脊椎、美容外科、およびその他)、エンドユーザー別(病院、マタニティセンター、ACC)、そして地域別に分割され、さまざまな要因に基づきサブセグメントとしてさらに細かく分類されています。

アプリケーション別の頭、首と脊椎セグメントは、脊椎手術でのアプリケーション固有となる特殊外科用開創器使用の増加や、脊椎疾患の患者数の増加によって、予測期間中に高い成長率になることも予想されました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SDKI Inc. Surgical Retractor Market
https://www.sdki.jp/

SDKI Inc.のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001109.000072515.html

関連記事

  1. 根本的な治療法がない心不全向け再生医療等製品「MTC001」、第I相治…

  2. MonotaROが医家向けの管理医療機器の取り扱いを開始

  3. ドレーゲルジャパン、筋弛緩モニタ「ToFscan」の取り扱いを開始

  4. リードテックジャパン、台湾製のパルスオキシメータ「8D01B」を5月中…

  5. オリンパス、朝日インテックとガイドワイヤ「Fielder18」の独占販…

  6. SDKI Inc.が気管切開製品市場に関する新レポートを発刊

最近の記事

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP