AI

処方箋読取サービス「mediLab AI」、読取精度などを学会発表

東大発のAIで処方箋入力業務を軽減

株式会社mediLabは、2021年8月30日、同社のクラウド処方箋読み取りサービス『mediLab AI』に関連する研究成果が第54回日本薬剤師会学術大会にて採択されたと発表しました。

『mediLab AI』は、東大発のAIを活用して薬局での処方箋入力業務を軽減するサービス。関連する研究成果が採択された同学会では、様々な分野/領域で活躍する薬剤師が集結し、薬剤師の可能性が議論されています。

入力業務の効率化と共に人的ミスも削減

『mediLab AI』は、薬局において時間/リソースを要する処方箋入力業務を効率化すべく、開発されました。同サービスでは、最新の画像処理/言語処理AIがスキャナで読み取った処方箋をQRコード化。異なる処方箋レイアウトや用法記載もAIは学習できるため、薬局それぞれに最適化された読み取りを可能にしています。

同サービスは、使用するスキャナがコンパクトである点も特徴です。従来の処方箋読み取りシステムよりも省スペースを実現しており、また柔軟な料金プランも設定することでスムーズな導入を可能にしました。入力業務の効率化と共に人的ミスも削減し、患者と向き合う時間の増加を支援しています。

医薬品名称取得精度、98%

第54回日本薬剤師会学術大会にて発表された研究で、『mediLab AI』は読み取り精度などが評価されました。この研究において同サービスは、医薬品名称取得精度が98%であり、また3薬局のスタッフが「導入可能」なシステムであることと判断したことが、明らかにされています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

mediLab AI – 株式会社mediLab
https://medilab.co.jp/medilabai

『mediLab AI』に関連の研究成果が、第54回日本薬剤師会学術大会に採択 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/

関連記事

  1. NECとBostonGene、AI分析でがん患者の個別化治療を支援

  2. 動作解析から関節リスクを判定。AIアプリ「Sportip Pro」、R…

  3. FRONTEO、「AI×医療」をテーマにする情報発信サイトを開設

  4. 国内No.1 AI食事管理アプリ『あすけん』食事療法におけるデジタル治…

  5. みらい翻訳、医療従事者向けAI翻訳サービスを提供へ

  6. 法人向けAI健康アプリ「カロママ プラス」、新たなコンセプト/機能を追…

最近の記事

PAGE TOP