ロボット

アフラック、独自技術による手術支援ロボットを開発するリバーフィールドに出資

空気圧制御技術を応用した手術支援ロボットを開発

アフラック・イノベーション・パートナーズ合同会社(以下、アフラック・イノベーション・パートナーズ)は、同社の支援により、Aflac Ventures LLCが、手術支援ロボットの開発を行うリバーフィールド株式会社(以下、リバーフィールド)へ出資したことを発表しました。

リバーフィールドは、高齢化からがん患者数が増加する中で、低侵襲なロボット支援手術の普及に取り組んでおり、現在、独自の空気圧精密制御技術を応用し手術支援ロボット「Saroa」の開発を進めています。

「Saroa」は、従来の手術支援ロボットでは課題とされた「力覚」の術者へのフィードバック機能を搭載しており、術者の手元に臓器や血管を引っ張ったり堅く持ったりする感覚が伝わることで、臓器や血管の損傷のリスクを軽減することが期待されています。

さらに、空気圧駆動の採用で、機体がコンパクト化・軽量化し、コンパクトで干渉しづらいアーム構造により、従来の手術支援ロボットが不得手とするより体表に近い肺や肝胆膵外科、小児科、婦人科がんを対象とする術式での利用が考えられています。

手術支援ロボット開発により低侵襲医療の普及に貢献

アフラック・イノベーション・パートナーズの担当者は、今回の出資について、リバーフィールドの取り組みを支援し、一人ひとりがより良い医療を受けられる社会の実現に向けて貢献していくとともに、アフラック生命の掲げるキャンサーエコシステムの構築を支援していく、と述べました。

一方、リバーフィールドの代表取締役社長である只野耕太郎氏は、同社が空気圧を用いた独自の駆動制御技術により力加減のできる手術支援ロボットを低コストに提供し、中規模以下の病院にも広く普及していくことを目指しており、がん治療の外科手術における患者の負担をより減らしQOLの向上に貢献できるよう努めていく意向を示しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

アフラック・イノベーション・パートナーズ合同会社 プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000046468.html

関連記事

  1. メディカロイド、手術支援ロボットシステムのトレーニング施設を神戸大学病…

  2. 日本メドトロニック、脳神経外科手術用ロボティックシステム「ステルスAu…

  3. 日本メドトロニック 脊椎手術用手術支援ロボット「Mazor X ロボッ…

  4. SGSTがクリニックにおける紫外線照射ロボットの有効性を検証へ

  5. 次世代手術ロボット市場は2030年に8億8,400万米ドルに達すると予…

  6. 「MELTz 手指運動リハビリテーションシステム」が日本における医療機…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP