IT

プラスメディの患者向けスマホアプリ「MyHospital」、公立昭和病院に導入へ

院内滞在時間の短縮や密の回避が可能

株式会社プラスメディは、同社が開発・運営するスマホアプリ「MyHospital」について、2021年8月23日から公立昭和病院でサービスを開始することを発表しました。

「MyHospital」は、医療機関で採用されている電子カルテシステム、医事システム等と連携し、患者のスマートフォンに「検査結果」や「処方箋情報」、「待ち順情報」、「会計情報」などを反映するアプリです。

また、「処方箋FAX送信機能」やアプリ内にクレジットカード情報を登録すれば「後払い会計」が可能になり、非接触・密回避が望まれるコロナ禍において、院内滞在時間の短縮や密を回避させることが可能になります。

「MyHospital」が公立昭和病院で提供するサービスは、「後払い会計サービス」と「処方箋情報FAXサービス」になります。

電子カルテとの連携、薬管理で健康状態を把握

「MyHospital」の特徴としては、まず時間短縮が挙げられます。診察の待合順番をアプリ内やプッシュ通知で知らせる、薬局へのFAX送信オンライン決済で会計の待ち時間の短縮も可能です。

また、電子カルテと連携し検査結果等を閲覧、処方された薬や市販薬の登録・管理が可能なので、患者が自分自身での健康管理に役立ちます。

さらに、複数病院の診察券をスマートフォンでまとめて管理したり、次回の診察予約をカレンダーに自動的に反映させたりすることができます。

(画像は株式会社プラスメディより)

▼外部リンク

株式会社プラスメディ プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000029833.html

関連記事

  1. ハイテクインター、手術モニタリングなどを可能にする4Kエンコーダ・デコ…

  2. デジタルバイオマーカー開発のテックドクター、複数のウェアラブルデバイス…

  3. 医薬/医療機器メーカー・販売会社向けの病院マスタ更新・サービス更新のお…

  4. 最先端VR解剖学で話題のBODY MAPが個人アカウントの販売を開始

  5. アドバンスト・メディアが医療向け音声入力高性能ハンドマイクの販売を開始…

  6. 高血圧症向け治療アプリ 全国47都道府県の医療機関にて導入

最近の記事

PAGE TOP