医療機器

SDKI Inc.が関節鏡検査器具市場に関するレポートを発刊

2030年までの予測期間中に成長率6.1%に

SDKI Inc.が、関節鏡検査器具市場の成長に必要な統計的や、分析的アプローチなどを調査した新レポートを、7月12日に発刊しました。

同レポートにおいて、外傷の高い発生率や高齢化人口の増加、技術開発などが要因となり、同市場の成長が進むと考えられ、2022年から2030年までの予測期間中に成長率6.1%になると予想されています。

また、関連メーカーが高解像度カメラや優れた縫合技術、そしてカスタマイズされた縫合材料を追加することで、より高度な関節鏡検査装置の開発が進むとされており、これも同市場成長に寄与すると予想されました。

「膝関節鏡検査セグメント」が最大シェアを占める予想

同市場は診断、タイプ別(インプラント、関節鏡、視覚化システム、外科用シェーバー、RFアブレーション、体液管理)、アプリケーション別(膝、股関節、肩)、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、クリニック)、そして地域別に分けられ、さまざまな要因に基づきサブセグメントとしてさらに細かく分類されます。

アプリケーション別のサブセグメント「膝関節鏡検査セグメント」は、膝関節鏡手術の数の増加やスポーツへの参加の増加などが要因となり、世界の関節鏡検査機器市場で最大のシェアを占めると予想されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SDKI Inc. Medical Display Market
https://www.sdki.jp/

SDKI Inc.のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000628.000072515.html

関連記事

  1. 世界初の非侵襲痛み治療機器「エイト」が日本での保険適用を取得し、本格導…

  2. SDKI Inc.が医療用ディスプレイ市場に関するレポートを発刊

  3. 植物由来の模擬臓器「VTT」のKOTOBUKI Medical、約80…

  4. 指輪型パルスオキシメータ管理医療機器(特定保守管理医療機器/クラスⅡ)…

  5. SDKI Inc.が外科用ステープリング市場に関するレポートを発刊

  6. ニューロテック医療機器ベンチャーINOPASEが東京工業大学 神経医療…

PAGE TOP